SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

"30 for 30" Without Bias / 日本未公開 (2010)

Cast >> Marion Barry Jr., Jeff Baxter, Eric Bias, James Bias, Jay Bias, Len Bias, Lonise Bias, Michelle Bias, Kevin Blackistone, James Brown ...
Director >> Kirk Fraser
Writer >> Kirk Fraser
Producer >> Laura Coxson, Mark Durand, Bradley Kaplan
Genre >> Documentary

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 4

There is no if in history, but if he were in NBA...
大学のオールアメリカンとしてパトリック・ユーイングやデビット・ロビンソンと戦い、そしてNCAAのトーナメントではあのマイケル・ジョーダンとも戦っていたのが、レン・バイアス。彼は1986年のドラフトで当時チャンピオンだったボストン・セルティックスに2位指名を受けた。しかしその2日後、彼は急死してしまう...

この1986年のドラフトは凄かった。ロン・ハーパーが8位、あのデニス・ロドマンが1週目の27位指名、クロアチアのドラゼン・ペトロビッチが60位、前年度はパトリック・ユーイング、その前の1984年がマイケル・ジョーダンだった。NBAにとっては全盛期。その中でもジョーダンのライバルとして現れたのが、このレン・バイアスだった。中学の頃にはバスケットボールのチームからクビにされるほどダメな選手だったが、高校に入ってから才能が開花。大学はバイアスの父がレンの弟や妹達が兄の大学の雰囲気が感じられる良い環境という事で実家に近いメリーランド大学に進む。素晴らしい活躍を見せるが、今になってみればこれが彼にとっての悲劇の始まりだったのかもしれない。しかし大学ではフットボール選手に混じって体格を改善し作り上げていった。努力は人一倍していた。しかしキャンパス外でも昔からの友人と会えた。その一人がブライアン・トリブル。ドラフトから帰ってきて、彼らは大学の寮でトリブルが持っていたコカインをやり始めた。そのコカインで彼は急死してしまう。そこに至るまで、そして悲劇の後の悲劇をカーク・フレイザー監督は克明に追っていく。

レン・バイアスの人柄から、コカインの怖さまで、こちらが深くのめり込んでしまうほどに生々しく迫ってくるドキュメンタリーは中々ない。

(8/19/11:DVDにて鑑賞)