SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Conan the Barbarian / 日本未公開 (2011) 908本目

主演のジェイソン・モモアの素敵さに釣られて見て来ましたよ。というか、うちのオヤジさんは、コナン・シリーズが大好きなのですよ。それこそ本でも読んじゃう位。もちろんシュワちゃんのコナン・シリーズはスペシャルバージョンのDVDを買った位で、擦り切れるまで見ている程。その映画が現代の凄いCGとか駆使してリメイクされるって事で、オヤジさんは喜んで見に行ったんですわ。帰り、ガックリしてましたけど...

なんて言うか... オリジナルとは全く違う。全く違っても、いい方向にいっているなら、ファンはもちろん喜ぶ。オリジナルの「Conan the Barbarian / コナン・ザ・グレート (1982)」の良さを全く排除してしまっている。オリジナルは英語タイトルの「バーバリアン(野蛮)」になぜにコナンがなってしまったかが、上手く表現されているのに対して、こちらはちっとも「バーバリアン」じゃないし、何か復讐劇のヒーローになってるし... 内容が10歳の子供にも分かる単純なディズニー映画みたいなのに、10歳が見られるような映画じゃない。女性のおっぱい出せば野蛮って訳じゃない!全然面白くない恋愛ストーリーまでつけちゃって最悪です。大人を馬鹿にするなと言いたい。確かにオリジナルのコナンにも恋愛ストーリーはあったけれど、こんな単純なストーリーじゃないし、もっと深みがあって面白かった。オリジナルのコナンの相手役が素晴らしかったのもあったと思う。愛されるキャラクターだった。しかしこちらは、綺麗なだけで憧れる要素もない。

そしてコナン・シリーズの大事なキャラクターの一つである剣。オリジナルでもオープニングからその大事なキャラクター性が描かれているんです。なのにですよ!ラスト、何ですか、あれ?そこは剣使わなきゃ絶対にダメでしょ!それこそオリジナルのラストはあの剣で...うぉーーー、野蛮人!だった訳じゃないですか!もう、ガッカリですよ。最後の最後に本当に落胆しましたね。

ちなみにモーガン・フリーマンがナレーションをしている。コナン・おたくのうちのオヤジは「やっぱりナレーションはあの日本人が良かった」と言ってました。私もマコの方が雰囲気があって、それがコナンらしさになっていたと思う。モーガン・フリーマンは上手すぎなんだよね。話に絡んで来ないし。オリジナルのように、コナンを良く知る人が語る味が無かった。

この映画の脚本家達は、オリジナルを見たのかな?見て、あれだとしたら、最悪過ぎる。見てない筈ないと思うけど... 脚本の杜撰な部分が露骨に出た作品。脚本が良ければ、もうちょっと面白かったかも。これだから、最近のリメイク映画には食傷気味になるんですわ。オリジナルの面白さを生かそうとしないのか、制作側が理解していないのか、がっかりする事の方が多い。

あ、ボブ・サップ出てたね。あのタイミングで、催眠術かければ、もうちょっと面白かったかもね。違う意味で。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3点/5点満点中:劇場にて鑑賞)