SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Angel Levine / さまよえる天使 (1970)

Cast >> Zero Mostel (Morris Mishkin), Harry Belafonte (Alexander Levine), Ida Kaminska (Fanny Mishkin), Milo O'Shea (Dr. Arnold Berg), Gloria Foster (Sally) ...
Director >> Jan Kadar
Writer >> Bill Gunn, Bernard Malamud
Producer >> Chiz Schultz, Harry Belafonte
Genre >> Drama

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Miracle
モリス(ゼロ・モステル)は病気で寝たきりの妻ファニーの世話をし、仕立て屋として生計を立てていたが、その仕立て屋が火事に遭い、保険にも入っていなかったので、苦しい生活だった。ある日、置き引きを見たモリスは「泥棒だ」と叫ぶと犯人は道路に飛び出し車に轢かれて死んでしまう。ファニーと口論になり、ファニーは気を失ってしまう。モリスは神に助けて欲しいと願うと、見知らぬ男がモリスのアパートのキッチンに居た。アレクサンダー・レヴィン(ハリー・ベラフォンテ)と名乗る天使だった...

黒人のユダヤ教徒が天使になってしまうという変わった題材。人の良いユダヤ人をゼロ・モステルが好演すれば、悪いストリート系だが本当は気の良い青年をハリー・ベラフォンテが好演している。中盤のアパートでの2人のやりとりと、終盤の2人のやりとりは見物。その分台詞が多いが、当時少なかった黒人脚本家の一人ビル・ガンがこの映画に面白みを与えている。ゼロ・モステルに向かってNワードを発する場面は、彼らしく思わず笑ってしまう。人の良い人に完全になりきっているゼロ・モステルに対して、そんなに言うなら薬局に戻ろうと悪態をつきながら行動に出るベラフォンテとのやりとりも面白い。それでいて絵の面白さもあった。オープニングはカッコいい。

一見「クリスマスストーリー」にも取れる人間味溢れるストーリー。しかしそこには人種差別とも戦う熱い台詞や物語が沢山ある。

(8/1/11:DVDにて鑑賞)