SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Jumping The Broom / 日本未公開 (2011)

Cast >> Paula Patton (Sabrina Watson), Laz Alonso (Jason Taylor), Angela Bassett (Claudine Watson), Loretta Devine (Pam Taylor), Meagan Good (Blythe), Tasha Smith (Shonda), Mike Epps (Willie Earl), DeRay Davis (Malcolm), Pooch Hall (Ricky), Valarie Pettiford (Aunt Geneva, Gary Dourdan (Chef McKenna), Romeo Miller (Sebastian), Brian Stokes Mitchell (Greg Watson), T.D. Jakes )Reverend Jame) ...
Director >> Salim Akil
Writer >> Arlene Gibbs, Elizabeth Hunter
Producer >> Tracey E. Edmonds, Elizabeth Hunter, T.D. Jakes, Michael Mahoney, Glendon Palmer, Curtis Wallace
Genre >> Comedy

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Your favorite black romance comedy in this cupid shuffle!
サブリナ(ポーラ・パットン)は結婚したい女性だったが、中々思いが通じる男性に会えずにいた。そして結婚するまで禁欲することにした。そんな時サブリナは運転中に不注意で男性に当ててしまう。その男性がジェイソン(ラズ・アロンソ)だった。2人は急速に愛し合うようになり、サブリナが仕事で中国に行く事になったので、ジェイソンはサブリナにプロポーズした。しかしお互いの家族が結婚式まで会えずにいた。サブリナは上流階級で、ジェイソンは労働階級だった。彼等は結婚式で家族が会うが...

久々に素敵なラブコメディ。キュンキュンします。90年代から今までの素敵なブラックムービーのラブコメディを上手く使った感じ。家族の絆と家族の秘密を描いた「ソウルフード」に、マーサズ・ヴィニヤードの上流階級を描いた「ビューティフル・ウェディング」、結婚前のゴタゴタと友情を描いた「ベストマン」と「ソウル・メイト」にエレクトリックスライド派のタイラー・ペリー... それらを小粋にスマートに上手くブレンドしている。ポーラ・パットンの屈託ないチャーミングさに、ラズ・アロンソの白馬に乗った王子様を嫌味なく演じているのが、またこの映画の魅力。アンジェラ・バセットとロレッタ・ディバインというベテラン勢と、ヴァレリー・ぺティフォードとブライアン・ストークス・ミッチェルという舞台俳優がより一層この映画をスマートに見せている。

久々に胸ときめく。プロポーズのシーンは過去最高。羨ましくて胸が高まるこの感じ「Love & Basketball / ワン・オン・ワン (2000) 」以来である。

(7/13/11:劇場にて鑑賞)