SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

ボーイズ’ン・ザ・フッド 20周年

今年はこのネタばかりになってしまうかもしれないが... それ位20年前の1991年はブラックムービーにとっての金字塔的な年だった。その中でも1991年を語る上で一番象徴的な作品が「Boyz N The Hood / ボーイズ’ン・ザ・フッド (1991)」だった。1991年7月12日にアメリカで全米公開されて、丁度20周年。公開当時は劇場内で発砲事件が起きるなどの騒ぎもあったが、監督のジョン・シングルトンは最年少でその年のアカデミー賞の監督賞と脚本賞にノミネートされた。そしてとっても名誉となる「アメリカ国立フィルム登録簿」にも2002年に登録された。

アイス・キューブが作詞したN.W.A(というかイージーE)の曲「Boyz-n-the-Hood」にインスパイアされ書いたのが、この「ボーイズ’ン・ザ・フッド」だった。ジョン・シングルトンは作詞したアイス・キューブに出て欲しくて脚本を送ったが、アイス・キューブは最初「映画なんて」と見向きもしなかったという。エージェント等にしつこく言われてようやく読み始めて、すぐに魅了されたという。そしてスクリーンテストを受けて、ジョン・シングルトンはすぐに彼はドウボーイだと感じたと話していた。(以上、VH1のアイス・キューブのドキュメンタリーから)

20周年を迎えて作家や脚本家として知られるジョン・リドリーがこの作品についてNPRにて特集を組んでいる。その中で、コロンビア映画のエクゼクティブだったステファニー・アランは「コロンビアはジョン・シングルトンに監督の座から降りるように100,000ドル(約1千万円)を用意したのよ。でもジョンは降りなかった。尊敬してるわ」と答えている。

そしてシングルトンはこの映画を作った理由として「映画が大好きだったんだ。でもどれも俺みたいな人々が主人公じゃなかった。友達とハリウッドまでバスで映画を見に行ったさ、そして俺達はいつもバーモント(ハリウッド通りからコンプトン等を結ぶ大通り)にいくまでずっと俺達だったらどんな映画を作るかって話をしていた。そしていつもそれは「ボーイズ’ン・ザ・フッド」みたいな映画だったのさ」と話している。

'Boyz N The Hood' Rings Out, 20 Years Later : NPR

20周年を記念してアメリカではブルーレイで7月19日から発売されている

90年代は「フッド」映画なんて呼ばれた作品「South Central / サウス・セントラル (1992)」や「Fresh / フレッシュ (1994)」に「Friday / friday (1995)」という子供達を増した。監督のジョン・シングルトン、主演のキューバ・グッティング・ジュニア、アイス・キューブ、モリス・チェスナット、ローレンス・フィッシュバーンアンジェラ・バセット、ニア・ロング、レジーナ・キング... 彼等はみな映画の世界で今も活躍し、今のブラックムービー界を牽引している。

<追記>
ロサンジェルス・タイムスでもようやく20周年の記事。大体内容が同じなので、リンクだけ。(7/26/11)