SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Hangover Part II / ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える (2011) 866本目

無茶苦茶期待した。だってどう考えたって前作は出来過ぎ君。期待するなというのが無理。私が見た劇場も初日からちょっと日にちが経っていたのに、物凄く混んでいた。多分みんなも私と同じく期待していたと思う。前作はコメディの要素で大事でもある「サプライズ」がふんだんにあった。ケン・チョンが飛び出す所とか最高でした。作りも上手くて、オチも素晴らしい。そしてどんな感じで飲んだかという種明かしも、良い感じで焦らされて上手すぎた。今回の作品がその良さが全て無くなった感じ。まあちょっとした「サプライズ」はあった。今回は観客の創造を上手くスカしてくれたのはいい。誰だって、またあの人が居なくなると思ってたもの。IHopのシーンも好きだ。今回もKanye Westをはじめとするヒップホップ系の音楽の使い方が上手い。カーティス・メイフィールドも笑った。

でも... やっぱり前作は超えていないと断言できる。いやそれなりに笑える。沢山笑える。でも前作ほど「こいつら上手いぜー!!」と思える笑いは無かった。今回は脚本家が変わったせいもあるのかな?監督のトッド・フィリップスはちょっと行き過ぎた動物の使い方だよね。「Due Date / デュー・デート (2010)」の時にもそれは感じた。何か無理して過度に無茶した感じの笑い。俺達はここまでやっちゃうんだぜ...みたいな。そこが前作に比べてスマートに感じなかった。アジア人は小さいジョークも、もう十分です!

(3.25点/5点満点中:劇場にて鑑賞)