SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Black Emanuelle 2 / 日本未公開 (1976)

Cast >> Angelo Infanti (Paul), Shulamith Lasri (Emanuelle Richmond), Don Powell (Emanuelle's Father), Percy Hogan (Fred Morgan) ...
Director >> Bitto Albertini
Writer >> Bitto Albertini, Ambrogio Molteni
Producer >> Mario Mariani
Genre >> Drama
Country >> Italy

総合ポイント >> 2.75/5点満点
Contents >> 2 Performance >> 3 Direct >> 2 Music >> 4

No erotic, No Emanuelle
エマニエル(シュラミス・ラスリ)は記憶喪失となり、病院に入院していた。医師は彼女の記憶を取り戻す為、エマニュエルの過去の男性達に会いに行くが、エマニュエルの話す内容とは食い違っていた。しかし、どうやらエマニュエルは男性と夜を共にすると豹変する事が分かったが...

エマニエル=大人のエロチシズム。日本でも社会現象となった「エマニエル夫人」のイメージもあって、どうやら開放的な性生活=エロチシズムだと思ってしまう。とは言え、この映画は本家のエマニエルとは全く関係ない。しかも「ブラック・エマニエル」の続編である。「ブラック・エマニエル(邦題:愛のエマニエル)」の主役ラウラ・ジェムサーは出演していない。ちなみにラウラ・ジェムサーは「エマニエル夫人」の続編に出演している。そう、この映画だけ本当に関係ないのだ。とは言え、ブラック・エマニエルでありながら、アフリカ系の女性ではなかったラウラ・ジェムサーとは違い、このブラック・エマニエルはアフリカ系の女性。しかも綺麗。裸体も見事。でも、話がちっとも面白くない。オチも男に嫌な思いをしたから、女性に走ってしまうというもの。セクシーでもエロくも無い。

エロあってのエマニエル。セクシーあってのエマニエル。その全てに欠けていて、ゾクゾクそそられるような色めいた話も全くない。

(2/15/11:DVDにて鑑賞)