SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Young Soul Rebels / ヤング・ソウル・レベルズ (1991) 850本目

イギリス産の同性愛を描いた青春ドラマ。なんとソフィー・オコネドーのデビュー作。
私、一時期というか、中学時代にイギリス産の映画にはまっていた事がある。ちょうど私の中学時代にイギリス産の映画が流行ってたんですね。日本ではミニシアターブーム。「アナザー・カントリー」とか「マイ・ビューティフル・ランドレット」とか最高でしたよね。「モーリス」とかもありましたね。私は「マイ・ビューティフル・ランドレット」が好きで何度も見ましたねー。「アナザー・カントリー」や「モーリス」のような上流階級よりも、「マイ・ビューティフル...」のような労働階級の方が面白かった。反骨精神がね。同性愛ではないけれど「あなたがいたら」という労働階級系青春映画も良かった。こちらも反骨精神。パンクっすよΨ(`∀´)Ψ。その全てを上手く取り入れているのが、この映画。セックス・ピストルズがデビューした2年後の1977年が舞台。ちょうどエリザベス女王在位25周年祝賀会が行われる直前。そこでアメリカの音楽(特にファンク)を好んで聴いている2人がラジオの海賊放送「ソウル・パトロール」をしている。しかし友人のTJがゲイが集まる公園で殺されてしまう。と、サスペンス的な要素がありつつ、イギリスの70年代の若者の世相を描いた見事な青春映画ですね。ソウルボーイ、パンクス、ファシスト等の三者三様の人たちがそれぞれの思いで出てきます。映画全体的に監督の思想がビシビシと伝わってきます。何気ない壁の悪戯書きとかもいいですね。2人の主人公を通してみる、ゲイとヘテロの関係。友情なのか恋愛感情なのか...2つは衝突する。ラストはどうなるのか?スッキリと綺麗に決まっている。

この映画を作った監督のアイザック・ジュリエンは同性愛者。有名なセントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン出身。イギリスではメネリク・シャバズが英国黒人映画監督のゴッドファーザーであるらしいが、移民なので、イギリス生まれという点はこのアイザック・ジュリエンはパイオニアかもしれない。移民と言えば、この映画に出てくる黒人は移民が多い。アフリカだったり、ジャマイカだったり。そして主人公の1人は白人とのミックス。でもそういうのをサラりと描いているのがいい!くどく無い。

ソフィー・オコネドー、変わらないですね。可愛い!イーモン・ウォーカーも若いっす。しかも監督の趣味かお尻まで...うふふ。

先日行った「黒人映画講座」終わりに森田氏とこの映画の話題になったのです。凄い偶然!!

感想やあらすじはこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)