SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Terminal Island / 日本未公開 (1973)

Cast >> Don Marshall (A.J.), Phyllis Davis (Joy), Ena Hartman (Carmen), Marta Kristen (Lee Phillips), Barbara Leigh (Bunny), Randy Boone (Easy), Sean Kenney (Bobby), Tom Selleck (Dr. Milford), Roger E. Mosley (Monk), Geoffrey Deuel (Chino), Ford Clay (Cornell) ...
Director >> Stephanie Rothman
Writer >> James Barnett, Stephanie Rothman, Charles S. Swartz
Producer >> Charles S. Swartz
Genre >> Action
Country >> USA

総合ポイント >> 3.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 3

Welcome to Terminal Island
カリフォルニア政府は死刑が無くなり増えた囚人への対策として、殺人を犯し終身刑となった犯罪者達をすでに命が無くなった者とし、無人島ターミナル・アイランドに島流しにする事に決めた。岸には電気を通し、絶対に逃げられないようなっていた。そこに新しく着いたのが、カーメン(エナ・ハートマン)だった。島ではボビーという男が腕力のあるモンク(ロジャー・E・モーズリー)を手下にし、独裁体制で女囚人を奴隷のように使っていた。カーメンや他の女囚人が川で洗濯しているときに、AJ(ドン・マーシャル)の一味が助けにやってきた。島は真っ二つに分れ、一発触発の状態になり、サバイバルが始まる...

珍しく女性が監督したプロイテーション映画。点数はあまり高く出来なかったが、見所の沢山ある娯楽映画だ。女囚人エクスプロイテーションとしても面白いし、アクションプロイテーションとしても面白いし、ブラックスプロイテーションとしても面白い。島を脱出する刑務所脱出物語だと思われては困る。彼らはそこしか居場所がないのだ。一般社会ではごみ扱いされている男と女が、そこで小さな社会を作る。その社会もヒエラルキー。食うか食われるかの面白さ。女だろうか、男だろうか容赦はない。自分を能力をどう使うかだけが求められる。多少物語が散乱してくる場面もあったが、娯楽映画としては気にならない。若きトム・セレックが一人悩む医師を演じているのも見所。ラストには後の人気の片鱗を見せる活躍を見せている。

ロスト、暴力、囚人、女囚人、エロ、レイプ、奴隷、爆発、銃、ナイフ...最低な物ばかりが並ぶキーワードだけど、これがどうして面白いんだから仕方ない。ターミナルアイランドは最低な楽しい物がすべて揃っているんだから仕方ない!

(1/28/11:DVDにて鑑賞)