SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

「F」オスカーデー!

あーー、つまらない。まあでもこれが普通のオスカーですよね。オスカーに黒人の姿(そりゃプレゼンターとかでは居ましたよ)が無かった事については、もう散々書いたのでもう良しとします。が、ウーピー・ゴールドバーグがオスカーの前のイベントに参加して「メジャーのカテゴリーで今回黒人パフォーマーがノミネートされなかったのは、今のハリウッドのトレンドを映し出している訳ではない」と発言したそう。なんというか、今年は黒人俳優が出ているいい映画が無かったし、作られなかった...というか、あったんだけど、オスカーレベルじゃなかった... いやいや...

メリッサ・レオ、スピーチで思わず「Fワード」を発してしまう辺り、やっぱり「フローズン・リバー」とか「ザ・ファイター」の役は意外と地でやってたかも?とか思わせてくれました。でもその後の感動の仕方がやっぱり女優さんですねー。さすが!

コリン・ファースを見て思ったのは、「アナザー・カントリー」の同窓会とかしないのかな?みんなハリウッドでそれぞれ活躍しているけど、たまに会ったりするんだろうか?ケイリー・エルウィスだけ「キング・オブ・タイツ」なんていうのに出てたけど。

亡くなった人々を惜しむ「In Memorial」のコーナーでは、コリー・ハイムが忘れられていたとかで話題になっていたけど、私からしてみたらAbbey Lincoln (アビー・リンカーン)Vonetta McGee (ヴォネッタ・マッギー)やゲイリー・コールマンが忘れられていて悲しかったよ。さすがにLena Horne (レナ・ホーン)は特別にハリ・ベリーの紹介で1人特別枠でトリビュート。

ジェームス・フランコはかっこいいし、アン・ハザウェイは脱ぎっぷりがよくて好き(さすがにオスカーでは脱いでないけど)。でもジェームス・フランコ、ガチガチ緊張してましたね。

全体的に45点位。

まあ、オスカーデーに「ブラック・エマニエル」なんていう映画を挙げちゃう辺りが、アカデミー会員への私からの挑戦状よ!たまたまだけど...