SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Expendables / エクスペンダブルズ (2010)

Cast >> Sylvester Stallone (Barney Ross), Jason Statham (Lee Christmas), Jet Li (Yin Yang), Dolph Lundgren (Gunner Jensen), Eric Roberts (James Munroe), Gisele Itie (Sandra Garza), David Zayas (General Garza), Randy Couture (Toll Road), Terry Crews (Hale Caesar), Steve Austin (Dan Paine), Mickey Rourke (Tool), Gary Daniels (The Brit), Charisma Carpenter (Lacy), Bruce Willis (Mr. Church) ...
Director >> Sylvester Stallone
Writer >> Sylvester Stallone, David Callaham (Story)
Producer >> Avi Lerner, Kevin King Templeton, John Thompson
Genre >> Action

総合ポイント >> 3/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 2 Music >> 3

My expectation expended in vain
バーニー(シルヴェスター・スタローン)は傭兵軍団「エクスペンダブルズ」を率いていた。そこにはナイフの名手クリスマス(ジェイソン・ステイサム)、マーシャルアーツの達人イン(ジェット・リー)、スナイパーのガンナー(ドルフ・ラングレン)、大型銃を操るシーザー(テリー・クルーズ)、元レスリング選手のトール・ロード(ランディ・クートゥア)のが居た。彼らはソマリアの海賊も楽に任務を遂行しようとしていたが、麻薬に溺れるガンナーが奇妙な行動に出た。そんな中、元メンバーで今は引退しているツール(ミッキー・ローク)の元に一本の電話が入り、新しい仕事を依頼される。その前にバーニーはガンナーを外したが...

当代屈指のアクションスターが揃った豪華作品。それぞれが映画の主役で活躍するようなスターばかりが揃っているので、彼等の名前を聞いただけで期待は鰻上りになる。現在の社会問題であるソマリアの海賊に彼等は立ち向かった。そうか、やっぱり彼等アクションスターは現代の救世主として我々の問題に立ち上がってくれるのか!と思っていたのもつかの間、いつの間にか話は架空の島へと飛んでしまう。歴史を代表するスターが1人の女性の為に立ち上がる。島民の為じゃなく。我々のスターがこんなんじゃない!とガッカリする。とは言え、やっぱりスタローンとラングレンが再びスクリーンで並んでいるのを見ると感無量になる。ランディ・クートゥアとスティーブ・オースティンの対決なんて2人が現役の時にはありえない事なので、ワクワクする。ただ肝心なアクションシーンが暗すぎなのが気になった。

スタローンが若いステイサムをふんだんに使っている事から、若い人達に大きな道を譲っていく感じも受け、アクションスター達の強い絆を感じ感動した。私の期待は先走ってしまったかもしれないが、スタローンの古き良きアメリカ男の英雄主義と、ステイサムのスタイリッシュなスピード感溢れる最新アクションが見れると思っていた。意外とそのどちらでもなかった。このメンバーならこれ以上の物が絶対に作れた筈。

(11/27/10:DVDにて鑑賞)