SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

2011

明けましておめでとうございます。今年もこのブログを宜しくお願い致します。
なんか最近はツイッターで書いてしまうので、忘れてしまっていました。ブログでも改めて。
新年早々、毎年恒例のおみくじで凶を引いてしまいましたが、おみくじには凶でも願えば吉に転じると書いていたので、不運にも負けずに頑張りまーす。

そしてもう2011年になったけれど、2010年振り返り。年末忙しかったので。
映画はオスカーを争える映画はあんまり無かったけれど、不作じゃなかった。割りといい映画はあったけど、不況を感じる小粒な作品が良かったかなー。2010年に私が5点をつけた映画のリストはこの前書いたので、それに漏れたけれど面白くておススメ出来る作品をいくつかあげたい。コメディからは、上の「ハングオーバー!」に「Hot Tub Time Machine / オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式 (2010)」。アクションからは「Takers / テイカーズ (2010)」とか「The Losers / ルーザーズ (2010)」が面白かった。ドラマは「American Violet / 日本未公開 (2009)」や「Jerusalema / 日本未公開 (2008)」が面白かったです。

後は、ゲイリー・コールマンの逝去に驚かされた。Lena Horne (レナ・ホーン)Abbey Lincoln (アビー・リンカーン)という名女優が逝去、そして70年代の可憐なヒロインのVonetta McGee (ヴォネッタ・マッギー)の逝去ニュースも悲しかった。

音楽では割りといいアルバムが多かった印象があります。ベスト・ヒップホップ・アルバムはBig Boiの

Sir Lucious Left Foot the Son of Chico Dusty

Sir Lucious Left Foot the Son of Chico Dusty

タイムス誌が選ぶ今年のアルバムにも選ばれてましたね。全曲捨て曲無しの楽しめるアルバム。アウトキャストというと、アンドレ3000が芸術色が溢れていて注目を集めがちだけど、私はあの「Speakerboxxx/The Love Below」時からBig Boiこそがアウトキャストの筋肉であり血なのだと思ってました。次点でKanye Westですかね。
ベストR&Bアルバムは、R.Kelly
LOVE LETTER

LOVE LETTER

歌で勝負しているシンプルな作品。ソウルトレイン・アワードでのパフォーマンスも含めて、歌で勝負した所を見直しました。あのスキャンダル以降は蔑んでたけど、それも今は少し回復。

2011年はこれ以上の年となりますように!!