SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Night of the Living Dead / ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生 (1968)

Cast >> Duane Jones (Ben), Judith O'Dea (Barbra), Karl Hardman (Harry), Marilyn Eastman (Helen) ...
Director >> George A. Romero
Writer >> George A. Romero, John A. Russo
Producer >> Karl Hardman, Russell Streiner
Genre >> Horror
Country >> USA

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Night to remember for Living Dead woman
バーバラ(ジュディス・オディア)とジョニーの2人は父の墓参りに来たが、怖がっているバーバラをジョニーはからかった。その時1人の青白い顔の男が突然ジョニーを襲い、ジョニーは倒れた。バーバラは何とか逃げ、近くの家に逃げ込むが、そこには人が死んでいた。暗くなった頃に、1人の男ベン(デュアン・ジョーンズ)が逃げ込んで来た。青白い顔の人々が家を囲むように増えていき、ベンは必死で家を守ろうとするが、バーバラは気力を失っていた。すると地下に隠れていた人々がベン達の前に現れて...

ホラー映画のクラシック。お金は掛かっていなそうなのは想像出来るが、アイデアの勝負でいい映画に仕上げている。モノクロが余計にこの映画やゾンビ達の気持ち悪さを助長している。そうなってしまうだろうという予想も出来るがそれでも見せる面白さ。しかし最後だけは予想出来ずに、ショックを受けた。ジョージ・A・ロメロはベン役を黒人俳優にとは脚本を書いた時には思っていなかった。なので監督が意図するラストと私の感じたラストは違うのかもしれないが、私をそう感じさせたエネルギーをこの映画は持っている。黒人男性の人生の切なさを感じた。それも実に怖かったりする。

意図していないかもしれないが、デュアン・ジョーンズがキャスティングされた時点でこの映画の運命は決まっていた。そう感じてしまう忘れ難き作品。

(11/15/10:DVDにて鑑賞)