SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Sergeant Rutledge / バファロー大隊 (1960)

Cast >> Jeffrey Hunter (Lt. Tom Cantrell), Constance Towers (Mary Beecher), Billie Burke (Mrs. Cordelia Fosgate), Woody Strode (1st Sgt. Braxton Rutledge), Juano Hernandez (Sgt. Matthew Luke Skidmore) ...
Director >> John Ford
Writer >> James Warner Bellah, Willis Goldbeck
Producer >> Willis Goldbeck, Patrick Ford
Genre >> Western

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 4

Birth of epitome
1881年軍法会議が行われようとしていた。将校の娘の殺人罪の容疑者の弁護を務めるのが若き熱血漢トム・カントレル中尉(ジェフリー・ハンター)だった。容疑者は第9連隊バッファロー部隊を率いるみんなから信頼されていたブラクストン・ラトレッジ一等軍曹(ウッディ・ストロード)だった。ラトレッジはきっぱりと無罪を主張するが...

名監督ジョン・フォードが監督した西部劇と法廷ドラマが混ざった社会派作品である。映画が出来た当時は60年代の黒人革命が真っ只中ではあったが、まだまだ黒人差別を扱った社会派作品は少なかったのが現状である。ましてやジョン・フォードのような有名な監督がそこに挑む事は少なかった。その中でジョン・フォードはウッディ・ストロードという名優を使い黒人の威厳を保ち、黒人問題に果敢にチャレンジし、尚西部劇を織り交ぜる事でエンタテイメント性を取り入れた面白い作品を作り上げている。しかし、そこにはやはりトム・カントレル中尉のような白人ヒーローは必要だった訳で、この方法は後の「グローリー」という作品にまで使われている。

ジョン・フォードは自分の大好きなロケーションと俳優を使い、この素晴らしい作品を作り上げた。しかしジョン・フォード監督がこの問題にチャレンジしたのが、この1作品だけというのがとっても残念でもある。

(10/1/10:DVDにて鑑賞)