SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Trois 3: The Escort / 淫欲 (2004) (Video)

Cast >> Brian J. White (Trenton 'Trent' Meyer), Patrice Fisher (Kyria Bynam), Reagan Gomez-Preston (Lena), Chris Richardson (Quincy), Bone Crusher (Cognac), Isaiah Washington (Bernard 'Benny' Grier) ...
Director >> Sylvain White
Writer >> Gregory Ramon Anderson, Rob Hardy
Producer >> William Packer
Genre >> Thriller

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Is Love Blind or just Pleasure Trap?
トレント(ブライアン・ホワイト)は、人気ラッパーのライブのプロモートをしたが、口約束だけで現れず、ベニー(アイゼイア・ワシントン)から多額の借金を背負った。トレントの父は地方検事で、厳格な父から法学部に進めと強要されていたが、実際には既に大学を中退していた。そのライブでの成功が絶対に必要だった。お酒に酔ったトレントはそのクラブのオーナーのカイリア(パトリース・フィッシャー)に助けて貰い、別の女性を紹介される。一夜を過ごした後、その女性から1000ドルを手渡された。カイリアの罠にはまっていくが...

尻上がりに良くなっていくシリーズは映画では珍しいと思う。続編の2作目は面白くても、大抵は3作目でこける。今回は監督をオリジナルのロブ・ハーディからシルヴァイン・ホワイトに変更。ロブ・ハーディは製作総指揮としてこの作品にも携わっているが、監督が変わったことで雰囲気はかなり変わっている。シルヴァイン・ホワイトの視覚効果は見ていて新鮮に感じる。ただ前作から続いていた繋がりは途切れてしまったのは残念。せっかくのシリーズ作品なので繋がりがあると、もっと面白かった筈。また前作では完璧だったラストが今回はサプライズだけで、内容が少し薄く感じた。

人間は突如として視野が狭くなってしまう事がある。その時の恐怖はよく描写されていた。このシリーズは軽い内容に見えて、意外と人間の痛い所をついてくる。

(9/4/10:DVDにて鑑賞)