SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

I Tried / 日本未公開 (2007) 760本目

Everybody wanna sound like, sound like, sound like Bone, Bone, Bone! Everybody wanna rap like, rap like, rap like Bone, Bone, Bone!!!
でも日本人の私にはボンサグみたいな早口ラップは真似したくても無理っす!
という訳でみんな大好きボーン・サグズン・ハーモニーの映画です。とは言え、私... ボンサグはどうも食べず嫌いならぬ聞かず嫌いだったんです。いや訂正しよう。曲は昔から好きだった。「Tha Crossroads」は名曲中の名曲。でも、私昔から長髪男子は苦手でして... それが例えうちの夫であろうと、キムタクであろうと、水嶋ヒロであろうと、市原隼人であろうと、デーモン・ウェイアンズであろうと、デーモン小暮であろうと、長髪ってだけでダメ、アウト。長髪ならハゲがいい。うちの夫は今は見事なハゲですが、昔はボンサグみたいな髪型していたそうで、それを自慢してきます。「あの頃に出会っていたら俺に一目惚れしていたと思うよ」と。いや逆です。多分出会わなかった事にして無視してたと思います。ダメなんです、長髪... とくにサラサラの長髪。コーンロウなら平気。ボンサグはデビュー当時から1人だけじゃなくて全員が長髪の軍団だったので、私の中では見なかった事になっていたのです。ゴメンよー。この映画もBETで何回も放映していたけれど、随分と回り道をして見なかった。今回はそれを随分と後悔したよ。この映画優れた作品ではないけど、物凄く面白い!

左からフレッシュン、クレイジー、ウィッシュ、ビジー、レイジー。フレッシュンとレイジーは兄弟。5人中4人が長髪のサラサラヘアーだった頃。

てっきりボンサグの自伝映画なのだと思っていたら、途中からというか割りと最初から変わっていきます。ボンサグと言えば、イージーE。N.W.AのイージーEに認められて、彼のレーベルからデビューして成功したグループ。そのボンサグがもしあの時イージーEに出会っていなかったら...という想像の世界でドラマが展開していきます。そしてボンサグと言っても、オリジナルは5人ですが、出演しているのは3人。丁度ビジー・ボーンが脱退し、フレッシュン・ボーンが刑務所に入っていた時期なので、残ったクレイジー・ボーン、レイジー・ボーン、ウィッシュ・ボーンの3人が出演。もしイージーEにあの時会えてなかったら、レイジー・ボーンは刑事になっていて、クレイジー・ボーンは曲を書きながら麻薬を売っていて、ウィッシュ・ボーンは市の動物死体回収の係として働いていた事になっている。レイジー・ボーンだけ随分とカッコイイ設定。レイジー・ボーンの役は彼女が事件に巻き込まれて殺されてしまっているのもあって刑事になってる。でも昔はみんなと一緒に悪していたので、仲間の刑事からゴチャゴチャと言われたりして。レイジーが演じた男が影があって素敵。私も単純なんですっかり惚れましたね。そしてクレイジーの硬派でクールな男やウィッシュの愛嬌のある役など、それぞれがいい味出している。これがオリジナルの5人で出れていたらもっと面白かっただろうね。だってビジー・ボーンのクレイジーさとフレッシュンの大人の魅力が混ざるんですから... 是非続編も作って貰いたいね。ボンサグもウータン・クランみたいな個性があるよね、それぞれ。

在り来たりな自伝的なヒップホップムービーとは違います。想像力豊かなエンタテイメント性に優れた作品。自伝映画じゃないので、ラストも衝撃的。社会の切なさが描写されていて面白い。でもそのラストもこれぞヒップホップ!な部分があって良いですね。でも刹那的で短絡的。何か優れたギャング映画のようでした。でもあのラストの良さは、実際にはボンサグは音楽で成功したという裏があるから安心して見ていられるんですね。

と言う訳で私の長髪嫌いの話が長くなってしまいましたが、そんな私でも苦手をすっかり克服して逆に好きになってしまった位面白い作品です。機会があったら是非。ボンサグのラップと同じで他では真似出来ないオリジナリティがあって良いですわ。売れるからと短絡的に商業的には進まなかった男気溢れるグループ。そんな男前度が映画に現れてると思った。そしてデビュー前のNipsey Hussleが恋人の弟役とかで出ているのも雰囲気があっていいですねー。ウエッサイ!w

ちなみにこの映画のタイトル曲の「I Tried」のミュージックビデオに出演していた主人公と男の子と警官がこの映画でも重要な役割をしております。

それにしてもボンサグが5人揃った「Uni5: The World's Enemy」は良い!最高。うちのボンサグ狂の夫も「これはいい」と言っていた。毎回だけど。私もこの映画を見てからはこればっかりです。

ユニ5:ザ・ワールズ・エネミー

ユニ5:ザ・ワールズ・エネミー

感想やあらすじなどはこちら

(4.5点/5点満点中:DVDにてハーモニーを強調しながら鑑賞)