SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Tooth Fairy / 妖精ファイター (2010) 749本目

うちの子供は今とってもプロレスにハマっていて、やはりWWEが一番好きらしい。先週もサマースラムを見ていて、会場に居たマーロン・ウェイアンズを見つけて「ママー、マーロン出てるよー!」と教えてくれる優しい子供。しかしまだ10代の私の子供は、ザ・ロック様がプロレスを現役でやっていた頃を全く知らない!中学生になりたてのうちの子供は、あのザ・ロック様を俳優だと思っている。いや、プロレスやっていた事はさすがに知ってるけど...現役でプロレスやっている所はリアルタイムで見た事ない。ザ・ロック様のプロレス時代をしらない子供達がもう中学生になっちゃうんですよー!自分が随分お年寄りに感じる。逆に私WWE(当時はWWFだったけど)にハマッた頃は、丁度ザ・ロック様の全盛期。ストーン・コールドよりもやっぱりザ・ロック様派でしたよ。アコライツとダドリー兄弟とかも好きでしたけど。でも最近はフライングメン達が好き。フライングメンと私は勝手に呼んでいるんだけど、ロープで自由自在に飛ぶ男達。昔だったらタイガーマスク(突然日本のプロレス)、今だったらジェフ・ハーディとかレイ・ミステリオとか。フライングメンじゃないけど、Rトゥルースも良いね。What's up!Kクイックの頃はダメだけど。Rトゥルースとか見ていて思うのが、やっぱり濃いキャラが必用。やっぱりあのザ・ロック様の高飛車なんだけどボケてるキャラ、好きだったわ。ジャブローニとか意味分からないもの。でもザ・ロック様が話し始めるとワクワクしましたね。くだらなくて好きだった。

そんなあのザ・ロック様が「ミクロキッズ」みたいに小さい歯の妖精になってしまうのがこの映画。しかも態度はあのザ・ロック様を彷彿させる高飛車、けどミクロ。手乗りサイズザ・ロック様〜!可愛い。あれ欲しい。でもそこが全てかなー。後は想像できちゃうし、やっぱり子供向け。ただ、ザ・ロック様が妖精になった時に世話係になるトレイシー役の人は良かった。ザ・ロック様よりも長身でイギリス人の為、イギリス訛りで話す。アシュレイ・ジャッドはそつが無い。でもそれだけに何か面白みが無くて、また彼女か...とも思ってしまう。

この映画、日本では「したまちコメディ映画際」で上映されるらしいです。9/18と日にちがありますので、是非。帰りにはまだパンダさんは居ませんが上野動物園にも寄れるし。この映画祭では「映画秘宝まつり」も開催。って最近、私書いてないけど... ブラックムービー、頑張れ!いや、私が頑張れ!

特別招待作品『妖精ファイター』 - 第3回したまちコメディ映画祭in台東

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)