SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

モンタナ・フィッシュバーン

ようやく落ち着いてきたように思えるローレンス・フィッシュバーンの娘モンタナ・フィッシュバーンのポルノデビューの話。所がローレンス・フィッシュバーン自身が話しを蒸し返している。激怒していると言われているローレンス・フィッシュバーンが今回の件についてようやく口を開いた。ローレンスはモンタナに対して「私の人生にモンタナを歓迎しない...とりあえずは今の所。モンタナが人生を改めるまで、話すつもりもない。モンタナは私を恥ずかしい目に遭わせた。そしてフィッシュバーンの性を使った。ポルノで本名を誰も使わない」とモンタナ本人に話したとの事。

Montana Fishburne: Laurence Is Done with Me | TMZ.com

またフィッシュバーンとは「Boyz N The Hood / ボーイズ’ン・ザ・フッド (1991)」で共演しているアイス・キューブがこの騒動について語った。

「好きじゃないね。ラリー・フィッシュバーンの気持ちは分かるよ。そしてとっても悲しい状況だね。自分達の娘をああいう事から遠ざけるのが父親の仕事だからね。けど、今回のは彼女が悪い。ラリーは何にも悪い事はしてない。まったく馬鹿げてる」と語った。

http://concreteloop.com/2010/08/round-the-way-ice-cube-talks-about-lottery-ticket-montana-fishburne-music-and-more

そしてモンタナ・フィッシュバーンが表紙を飾った雑誌がこちら

そして今日はツイッターマーロン・ウェイアンズに突っ掛かり... どうしたんでしょうね、この子。やっぱり有名になりたいだけなんでしょうね。お父さんが可哀想で仕方ない。