SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Ride / 日本未公開 (1998) 726本目

この前BETにて放送されていたのですが、何となくテレビで見るよりDVDで見たいと思って借りました。見ようと思ったのは「House Party / ハウス・パーティ (1990)」のレジナルド・ハドリンとウェリントン・ハドリンのハドリン兄弟の名前を見つけたから!ハドリン兄弟はヒューズ双子監督やウェイアンズ兄弟等に比べると知名度はイマイチかもしれませんが、彼等もブラックムービーの歴史に名前を刻んでおります。「ハウス・パーティ」は90年代の金字塔。その頃の在日米軍基地の周りには、主役のキドゥン・プレイのお相手のキーシャ・キャンベルとAJ・ジョンソンみたいな格好をした人たちが沢山居ました。私はまだまだ子供だったのでしてませんでしたが、オープンベースとかで遊びに行くと「前髪凄いな」とか「チャンピオンベルトかよ!」と見てました。みんなMCハマーのバックダンサーに見えましたっけ。迫力がありましたよね。私の時代はみんなリル・キムだった頃です。でもお酒飲める年になったら逆にベースでは遊んでませんでしたけどね。

と、昔をついつい思い出してしまう程、何となく懐かしい感じ。でも「ハウス・パーティ」から8年しか経ってないのに、ものすごく時代の流れを感じます。説明が難しいのですが、やっぱりどことなく「ハウス・パーティ」の雰囲気があって「良き90年代」を感じるのだけど、その雰囲気もやや変わってきているのをこの映画から感じます。ハドリン兄弟らしい音楽がふんだんに使われてます。もうスヌープとかアンクル・ルークとかONYXの2人とかレディ・オブ・レイジとかミュージシャンも沢山出演。スヌープはチョイ役ですが、アンクル・ルーク(やっぱりアンクル・ルークと言ってしまう世代)なんて、有名ラッパーとして出てますから。レディ・オブ・レイジはやっぱりイジメっ子で出演。和田アキ男みたいなキャラ。やっぱりレディ・オブ・レイジにはち○ち○がついていた!という感じ。もう彼女がそのキャラで出ている自体が良き90年代でしたね。主役のレタはNY大の映画学科を出ている女の子。NY大の映画学科卒と言えば、スパイク・リーとかスコセッシ監督とかジム・ジャームッシュなんていう大物を次々と輩出している名門。しかし中々仕事がなくて、有名な女流ミュージックビデオ監督のアシスタントに何とかありつく。この女流監督が曲者。その監督が撮る事になったのがアンクル・クール演じるフレディBのミュージックビデオ。やっぱりマイアミで撮るから、ニューヨークの連中は後で来い!と、その主役のアシスタントのレタがバスでマイアミまで連れていく事になるのだけど、到着したのがジョン・ウィザースプーンとセドリック・ジ・エンターテイナーの凸凹兄弟のおんぼろバス。と書けば、大体後は想像通りです。マイアミまでの道のりがドタバタ。でも、ハドリン兄弟が絡んでいるだけあって、そこそこに見れてしまいます。監督は本当に女流監督。ニューヨーク大学じゃないけれど、名門プリンストン大学卒の才女。「Cool Runnings / クール・ランニング (1993)」のマリク・ヨバが主人公のお相手役として登場。BobbaというノートリアスB.I.G.のニックネームと同じ名前で出てます。

90年代の底抜けの明るさがいい感じで出てます。サントラもその良さがあって気軽に聞けます。

感想やあらすじはこちら

(3.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)