SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

トニー賞

舞台最高峰の賞トニー賞が発表になり、オーガスト・ウィルソンのリバイバル劇「Fences」がドラマ部門の主演男優と女優のダブル授賞を果たし、デンゼル・ワシントンにとって初めてのトニー賞となった。ヴァイオラデイビスにとっては2001年の「King Hedley II」以来の2度目。最優秀リバイバル賞にも選ばれ「Fences」は全3部門を獲得した。ちなみにジェームス・アール・ジョーンズが主役だった1987年のオリジナルでは作品賞・主演男優賞(ジョーンズ)・助演女優賞Mary Alice (メアリー・アリス))・演劇演出賞の4部門に選ばれている。
またミュージカル部門では「Memphis」という公民権運動前の1950年代に白人のDJが黒人音楽にはまってしまう物語の作品が活躍し、ベストミュージカル賞・ミュージカル脚本賞・オリジナル楽曲賞・ミュージカル音響賞の4部門を受賞した。期待されていたフェラ・クティの自伝ミュージカル「Fela!」は11部門にノミネートされていたが、結局授賞したのは振付賞・ミュージカル衣装デザイン賞・ミュージカル装置デザイン賞の3部門のみだった。

The Tony Award Nominees - TonyAwards.com - The American Theatre Wing's Tony Awards® - Official Website by IBM

デンゼルは「The Book of Eli / ザ・ウォーカー (2010)」のいい宣伝となりましたねー。日本では先週末からの公開、アメリカではDVD&ブルーレイが発売。私はまだ授章式は見れてないのですが、夜にしっかり観ます!その後にまた。