SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Ballad in Blue / 星空 (1964)

Cast >> Ray Charles (Himself), Tom Bell (Steve Collins), Mary Peach (Peggy Harrison), Dawn Addams (Gina Graham), Piers Bishop (David), Betty McDowall (Mrs. Babbidge), Joe Adams (Fred) ...
Director >> Paul Henreid
Writer >> Paul Henreid, Burton Wohl
Producer >> Herman Blaser
Genre >> Drama
Country >> UK

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 5

Ray's Ballad
レイ・チャールズレイ・チャールズ)はロンドン公演の前に障害を持った子供達の通う学校を訪れて、子供達に音楽の楽しさを披露した。その教室に居た盲目のデイビット少年と母に学校の出口で出会い、突然の雨が降っていたので2人を車で送る事にした。同じ盲目のデイビットに時間が分かるレイがしていた特注の時計をあげた。レイとデイビットと母の交流が始まるが...

レイ・チャールズという人は2004年の自伝映画「レイ」で大成功した事でも分かる通り、魅力的なドラマになる人物である。ジェイミー・フォックスの才能やテイラー・ハックフォードの采配も光るが、やっぱりレイ・チャールズの歩んできた人生そのものも魅力の一つだった。そのレイ・チャールズが映画に出て演じるとしたら?やはり自分自身なのである。レイ・チャールズの個性である素晴らしい音楽の才能と盲目という事柄を生かしたドラマになっている。ただ、全体的にレイ・チャールズが盲目の少年を助けその母と恋人を親身に助け過ぎる部分が感傷的でメロドラマ風過ぎる所がある。

この映画ではレイ・チャールズの初期のヒット曲の殆どが歌われている。その曲も子供達と歌っていたり、コンサートで歌っていたり..オープニングでカッコいいミュージックビデオ風に歌っていたり... レイ・チャールズの歌の魅力にこの映画の脚本は勝てる事が出来なかった。しかしその彼の最大の魅力が満載だ。

(3/17/10:DVDにて鑑賞)