SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Three the Hard Way / ハードウェイ (1974)

Cast >> Jim Brown (Jimmy Lait), Fred Williamson (Jagger Daniels), Jim Kelly (Mister Keyes), Sheila Frazier (Wendy Kane), Jay Robinson (Monroe Feather), Charles McGregor (Charley) ...
Director >> Gordon Parks Jr.
Writer >> Eric Bercovici, Jerrold L. Ludwig
Producer >> Harry Bernsen
Genre >> Action

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Yes, This time, Mojo!!!
ジミー・レイト(ジム・ブラウン)はLAで成功した音楽プロデューサーだった。ある日、友人のハウス(ジュネロ・ジェニングス)が瀕死の重体のままジミーの元にやってきた。重要な事を言う前に殺されてしまった。そしてジミーの恋人ウエンディ(シーラ・フレイジャー)が誘拐された。ジミー自身も何者かに追われた。ジミーは昔からの信頼する知人のシカゴに住むジャガー(フレッド・ウィリアムソン)とニューヨークに住むミスター(ジム・ケリー)に助けを求めるのだった...

三者三様とはこの事。彼等のもつそれぞれの色が上手い具合に重なったからこそ、生まれた面白さ。クールで鍛錬者ジム・ブラウン、レディースマンのフレッド・ウィリアムソン、職人のジム・ケリー。それぞれの良さが随所に出てくるので飽きない。三者三様であるが故に、それぞれのアクションシーンのリズムの違いが飽きさせない。それに全米を駆け回る主人公達を見ているのも面白い。そして物語も単純で、白人至上主義の愚かさなどの描写はやりすぎな感はあるが、それが逆にヒーローの3人にやられた時に面白さが増す。またアクションも完璧じゃないが、その分派手で良い。

やった、今回は上手い事やってくれた!彼等は地球を救うヒーローじゃないが、時代が求めた黒人ヒーローなのである。

(2/14/10:DVDにて鑑賞)