SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Kobe Doin' Work / 日本未公開 (2009)

Cast >> Kobe Bryant, Phil Jackson, Lamar Odom, Derek Fisher ...
Director >> Spike Lee
Producer >> Spike Lee, Butch Robinson

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 4

Captured Kobe
今やNBAを代表するスター選手となったコービー・ブライアントを鬼才スパイク・リーが30台のカメラで1日を追う。

アメリカンフットボールと共に多くのアメリカ人男性の心を捉えているプロバスケットボールNBA。スター選手となれば、タブロイド誌をも賑わせる。バスケットボールに関連する本まで執筆していて、夜な夜なニューヨークのスタジアムに足を運ぶ熱狂的なバスケットボールファンのスパイク・リーが30台のカメラを設置してコービー・ブライアントを1日追いかけまくる。ニューヨーク・ニックスファンのリーが敵であるロサンジェルスレイカーズのリーダーとなったコービー・ブライアントの映画を撮るのにまず驚いた。水と油の関係がなぜか火に油の関係となってアツい作品になっている。面白かったのが、試合中のブライアントにマイクをつけているので試合での生の声が聞ける事。そして後日そのフィルムを使い、ブライアント本人にナレーションさせているのが中々面白い。試合中での一瞬の駆け引きを本人が説明するのだからこの上なく生々しい。バスケットボールを真剣にプレイしている者達にとっては、教科書とも言えるだろう。ブルース・ボウエンとのやりとりも面白い。バスケットを愛する男(スパイク・リー)は何が観客を求めているかを良く理解している。

実は私は生粋のアンチコービー・ブライアントだ。彼がプロとして誕生した後すぐに苦手になった。理由はハッキリ分からない。生理的なものかもしれない。私が水なら彼は油だ。しかしそんな私でもそんなに苦痛に感じずに楽しむ事が出来た。コービー・ブライアントという男はドラマ映画にしたらつまらない男だと思う。しかしドキュメンタリー映画としては最高に面白い男だ。それはきっと彼が唯一無二の魅せるプレイヤーで誰も彼を演じる事など出来ないからだ。

(1/04/10:DVDにて鑑賞)