SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

King of Comedy

とりあえず、しばんちゃんが病気だという事は分かった。最初聞いた時には、体が弱いから多分病気なのかなーとは思った。でもデマであると信じたかった。とにかく早く良くなって欲しい。
でも、人力舎もしっかりして欲しい。ファン心配してるよ。もうちょっと心配している人たちの為にちゃんとした対応して貰いたい。後、復帰したらアンタッチャブルの漫才のDVDを出して欲しい。出てないのは変。

という訳で今日はグラミー。もう結果が出てますが、まだテレビで見れてません。後からダイジェストで観たい。だって長いんだもん!

ポール・ムーニーの本を読み終えた。スタンダップコメディが好きだからかな?あの世界が鮮明に想像出来ます。60年代から70年代は時代的に好きなので余計に。日本人でアメリカでスタンダップコメディアンヌとして活躍していたタマヨさんも、自分の本でポール・ムーニーを一番尊敬していると書いていましたよね。リチャード・プライヤーとの関係には、涙が出てくる。リチャード・プライヤーを知る人は多いけれど、ポール・ムーニーの名前を知る人は少ない。彼はもう第一章から、自ら「私は彼の影のパートナーだ」と語っています。プライヤーが亡くなるまでその役を演じ続けましたね。誰もが知っているリチャード・プライヤーのエピソードの影にはやっぱりポール・ムーニーが居たことも良く分かった。ところで、ムーニーが自分の事をやたらと「ハンサムだ」「男前だ」と書いているのも笑った。でも実際に若い頃の写真を見ると確かに中々の男前。昔はダンサーもしていて、サンフランシスコのローカルの人気番組にダンサーで出演していたらしい。兎にも角にも、この本に出会えた事は私のステップアップに繋がったと思う。「ニンジャ・アサシン」や「しあわせの隠れ場所」という作品なども、私的ポール・ムーニーの「ウエイクアップ・コール」な訳です。

Black Is the New White

Black Is the New White

おっ!アメリカのヤフーのトップがブラックヒストリー月間仕様になってる!ウエイクアップ!!