SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Kobe Doin' Work / 日本未公開 (2009) 656本目

感想の方にも書いたのですが...私はアンチコービー・ブライアントです。ファンの皆様ごめんなさい。でもどーーしても生理的に受け付けないのです。イタリア語を話してしまう所とか苦手なんです(素晴らしい事なのに)。あの気の強そうなお嫁さんも苦手です。でもコービーのお父さんの方は好きなんですけどね。お父さんはまだ日本リーグの東京チームのコーチをしているのでしょうか??多分阪神ファンが巨人を嫌いな位、私はコービーが苦手なのです。
でもそんな私でも苦手意識を感じずに見ることが出来ました。監督はスパイク・リー先生。スパイク・リーはバスケットボール好きで知られていますが、もちろん故郷のニューヨークニックスファンなので、コービーのドキュメンタリーを作るとは意外でしたね。今のニックスにはドキュメンタリーが似合うスター選手が居ないのもあるのかもしれませんが... スパイクのコービーへのアプローチの仕方が面白いですね。バスケットボールのドキュメンタリーと言えば(何度も書いてますが)、やはり「Hoop Dreams / フープ・ドリームス (1994)」です。何年もかけて撮り続けたドキュメンタリー。でも今回のはたった1日で撮ったドキュメンタリー。コービーのとある1日を追ったんです。でもスパイクは30台もカメラを用意して撮ってます。試合のあるとある1日で見えてくるコービーの姿。試合中のコートの映像だけではなくて、ロッカールームまでカメラは入り込んでいます。コーチのフィル・ジャクソンも特別に許可したそう。そして特別と言えば、試合中なのにコービーだけにはマイクがついてます。試合中の生の声が残されているんですよ。生々しいですね。口が悪くなる事もあって面白かったです。私とは同世代のマイケル・フィンリーをオヤジ扱い。「50歳まで試合に出るつもりか?」とか言ってしまいます(私はフィンリーと同世代なのでちょっとカチンときます)。
この前大学のNCAAの試合を見ていたら、解説者が「声出しはバスケットの基本」と言ってましたっけ。コービーは割りと声を出してるんですよね。若いころは(それこそシャックが居た頃)は一番若いのでそんなに上から目線で指図とか出来なかったけれど、今のレイカーズはコービーのチームになっているので、躊躇することも全然無いでしょうね。やり易いでしょう。割りと外国人プレイヤーと会話する事が多いのが面白かったです。パウ・ガソルとかサーシャ・ブヤチッチがお気に入りなのかも??イタリア語が流暢なだけに、他の外国語への吸収力もいいんでしょうね。彼の名前自体が日本語からとってますものね。後はコービー自身が後日ナレーションの声を足していて、試合中の説明をするのも面白いです。バスケットファンならたまらないですね。

これも感想に書いたんですが、コービーはドキュメンタリー映画の抜群の素材。ドラマ映画だったらつまらないと思う。そういうアプローチの仕方がスパイク・リーの上手さです。魅力的な人間像というより、プレーを華麗に見せる最高な選手。コービーのドキュメンタリーを撮ってくれと言われたスパイクがそこを重点にしたのがいいですね。30台もカメラを設置してコービーの魅せる技を逃さなかった。逆にこのドキュメンタリーではコービーにしつこく付きまとっていた嫌な男ブルース・ボウエンとかはドラマ映画になる男でしょうね。プレーは汚いが、人物像は素晴らしい人なので(とか書いて、コービーも際どいプレーは多いもんね)。90年代で言えば、マイケル・ジョーダンはドキュメンタリーで見たい選手、スコティ・ピペンとかチャールズ・バークリーはドラマ映画で見たい選手。ま、それ故に「ネクスト」マイケル・ジョーダンと言われて続けているんですよね。ジョーダンはジョーダンだし、コービーはコービーなのに。

でもこの映画で私がコービー好きになったかといえば、それはまた別な話... 私の苦手意識は相当酷い物かもしれません。というか、ここまでコービーに思いやりを持って書いた自分が信じられない位。うちの夫が日本語を理解出来てこれを読んだら、私は即効に病院に連れて行かれるよ、「どこか悪いの?」って。私も頑張りました。許してください。でも映画は本当にこんなにコービーが苦手な私でも(それこそ粗を探してやろう位の意気込みだったにも関わらず)、バスケットボールにファンにはたまらない作品です。なにせバスケットボールおたくのスパイク先生が撮っているので、ファン心を押さえてありますね。

感想はこちら

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)