SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

アワード・セントラル

賞レース真っ只中... もう数時間でゴールデン・グローブ賞のノミネーションも発表されると思います。その前に。
しかし忙しくてついていけてません!まとめてどーぞ(というかごめんなさい)。

アフリカ系アメリカ人批評家達によるアワードではやはり「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」が作品賞と監督賞に脚本賞を受賞。男優部門は「Invictus / インビクタス/負けざる者たち (2009)」のモーガン・フリーマン、女優賞は「American Violet / 日本未公開 (2009)」のニコール・べハーリー。べハーリーという新人女優を持ってくる所がらしいですね。助演部門は「The Hurt Locker」のアンソニー・マッキーが選ばれた。脚本賞には「Precious」のジェフリー・フレッチャーの他に、「The Princess and the Frog / プリンセスと魔法のキス (2009)」も選ばれた。またマイケル・ジャクソンには特別功労賞。彼等が選んだ今年のトップ10映画は「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」、「The Princess and the Frog / プリンセスと魔法のキス (2009)」、「Up in the Air」、 「The Hurt Locker」、「Michael Jackson's This Is It / マイケル・ジャクソン THIS IS IT (2009)」、「American Violet / 日本未公開 (2009)」、「Goodbye Solo」、「Medicine for Melancholy / 日本未公開 (2008)」、「Good Hair / グッド・ヘアー 〜アフロはどこに消えた?〜 (2009)」、「Up」が選ばれた。

http://www.variety.com/article/VR1118012755.html?categoryid=13&cs=1&nid=2562

ロサンジェルス批評家協会が選んだ最優秀作品賞は「The Hurt Locker」。次点で「Up in the Air」。最優秀助演女優賞には「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」のモニークが選ばれた。

Hollywood Reporter | Entertainment News

  • サンフランシスコ批評家協会

サンフランシスコの批評家協会の選んだ最優秀作品はアンソニー・マッキーも出演している「The Hurt Locker」。最優秀助演女優賞に「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」のモニークが選ばれた。

http://www.variety.com/article/VR1118012758.html?categoryid=13&cs=1&nid=2562

  • ニューヨーク批評家サークル

ニューヨーク批評家サークルの選んだ最優秀作品もイラク戦争が舞台となっている「The Hurt Locker」。そして最優秀助演女優に同じく「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」のモニークが選ばれた。SFと同じですね。また今度フェラ・クティの自伝映画を作ると言われているスティーブ・マックイーンの「Hunger」が最優秀ファースト・フューチャーに選ばれた。

Hollywood Reporter | Entertainment News

ボストン映画批評家協会が選んだ最優秀作品も「The Hurt Locker」。そして最優秀助演女優賞も「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」のモニークが選ばれた。

thebsfc.org

  • 批評家チョイス賞(BFCA)

批評家チョイス賞のノミネートが発表。発表は2010年1月15日。
作品賞には「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」や「Invictus / インビクタス/負けざる者たち (2009)」、「The Hurt Locker」等がノミネート。「Invictus / インビクタス/負けざる者たち (2009)」にてモーガン・フリーマンが主演男優賞部門にノミネート。「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」にてガボレイ・シディベが最優秀女優賞部門、モニークが最優秀助演女優賞部門にそれぞれノミネートし、ベスト・アンサンブル賞やリー・ダニエルズが監督部門、ジェフリー・フレッチャーが脚本部門にもノミネートして全部で5部門にノミネート。
また「Michael Jackson's This Is It / マイケル・ジャクソン THIS IS IT (2009)」が最優秀ドキュメンタリー部門にノミネートした。

http://www.bfca.org/ccawards/2009.php

アメリカ映画協会が選んだ今年の10本。「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」、「Sugar / 日本未公開 (2008)」が選ばれた。「Sugar」は2008年の映画なのに...

'Hurt Locker,' 'Hangover,' 'Up in the Air' among AFI's top 10 of 2009 [Updated] | Awards Tracker | Los Angeles Times

  • カプリ=ハリウッド映画祭

Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」の演技が認められたマライア・キャリーが14回目となるカプリ=ハリウッド映画祭にて助演女優賞に輝く事になった。この同賞を以前に受賞したのは「Babel」の菊地凛子や「Gone Baby Gone」のエイミー・ライアン等。

http://www.variety.com/article/VR1118012069.html?categoryid=13&cs=1

という訳で、どうやら批評家受けが良いのが「The Hurt Locker」のようですね。でもアンソニー・マッキーの個人賞は望めないみたい。その代わり、モニークはかなり有力ですね。しかし、モニークがオスカーマテリアルになるとは!!「The Parkers」の頃には想像も出来なかったのだ!!
そしてここの所、ヴァラエティ誌のウエブサイトで賞絡みの記事を読んでいたのですが興味深いですね。一方では女優部門は外国人が好きと書いておいて、一方ではアジア人に冷たいオスカーとか書いてました。アメリカ人の思想では外国人=ヨーロッパなのかな。確かにここ最近の女優賞はアメリカ人じゃない方が有利かも。とにかく「-アジア人」ではあるみたいだ。日本もその傾向はありますよね。