SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

The Jacksons: An American Dream / 日本未公開 (1992) (TV) 640本目

マイケル・ジャクソンの「ザ・ジャクソンズ」物語です。ジャクソン・ファイブの名前が使えないのは、モータウンとの関係と「ジャクソン家」という意味も含んでいるのだと思います。でもジャネットやラトーヤを含んだ「ジャクソン家」というよりは、やっぱり「ジャクソン・ファイブ」で活躍した「ザ・ジャクソンズ」と両親がテーマであります。物語の中心はもちろんマイケル・ジャクソンですよね。あの「ジャクソン・ファイブ」の成功は両親なしには語れない。ジョー・ジャクソンとキャサリン・ジャクソンが出会うところから物語は始まります。マイケル誕生のずっと前から彼等の成功は始まっているのです。それにしてもこの映画の上手い所は、ジョー・ジャクソンという男性の描き方ではないでしょうか?マイケルが内気な性格になったのは、絶対にこのジョー・ジャクソンの暴力の影があるのは誰もが周知の事実ですが、ジョーはそれを「躾」だと言い張る。その微妙な部分が見事に描写されていますね。キャサリンと出会ってからも、別の女性と結婚していたんですよね。でもまだ高校生のキャサリンを上手く手に入れる所とかは、ジョーのスリックな部分が出てますねー。とは言え、後にマイケル自身も認めている通り、あのジョーの歌や踊りの練習の厳しさが無かったら、ジャクソン・ファイブがあそこまで成功していたかも分かりません。と言っても暴力を肯定すべきではありません。もっと上手いやり方はあったと思うんですよね。不器用な父親だった事は間違いありません。これが、ベリー・ゴーディ・ジュニアのモータウンじゃなくて、白人が経営していたレコード会社だったらもっと違っていたのかもしれませんね?子供達がベリーを父親のように慕っていた事もなかったかもしれない。難しい所ですけど。ジョー・ジャクソンにも、もちろん沢山の悪い所もありますものね。子供達にダディとかパパとか呼ばせずに「ジョセフ」と呼ばせていたのは本人ですし。そのジョー・ジャクソンを演じたのが、ローレンス・ヒルトン=ジェイコブス。大好きな俳優の一人。「Cooley High / 日本未公開 (1975)」は神でしたね。70年代にはジャクソンズに負けない位のアイドル俳優でしたのよ。というか、ラトーヤと付き合っていた事もある位。ジョン・トラボルタも有名になった「Welcome Back, Kotter」のレギュラーでした。トラボルタとはちょっと違って、ヒルトン=ジェイコブスはレギュラーになる前からブラックコミュニティでは人気でしたけどね。そのヒルトン=ジェイコブスがジョー・ジャクソンを演じるとは、ラトーヤはどう思った事でしょう...。しかも好評でしたし。

と、マイケル・ジャクソン死後の報道でも分かる通り、ジャクソン家の裏番はやっぱりキャサリン。彼女の愛情無しでは、マイケルはあんなに良い子に育たなかったでしょうね。アンジェラ・バセットが演じました。さすがに高校時代はちょっと無理があるかなーと思いましたが、安定感のある演技でしたね。

そして制作にはジャクソン・ファイブを最初から支えていたスザンヌ・ド・パッシーやジャーメイン・ジャクソンが加わっていたので、歴史上の出来事が細かく描かれていたのもいいですね。でも、それなのになんであの「ムーンウォーク」を初めてマイケルが披露したという伝説となったモータウン25周年ライブのマイケルの「ビリー・ジーン」のソロパフォーミングでの手袋が左右逆なんでしょうか??そういう所なんて、マイケルファンならすぐに分かってしまうのでちゃんとして欲しかったですね。ちょっとズボラな面が出てしまいましたね。そのシーンも凄いんだけど、何となくモノマネにしか過ぎなかったのが残念。あの時期に入ってしまうと、大抵の人がもうマイケルのイメージが出来上がってしまっているので、難しい所ではあるんですが... 情熱のこもった演技というより、パブリックイメージのマイケルを見せるモノマネにしか見えなくなってしまったんです。演じた俳優はこの映画の後すぐに24歳という若さで白血病で亡くなられたそうです。あと一番小さい時代のマイケルを演じた子も、子供=無垢みたいな部分しか引き出されなかったのが可哀想かな。これは監督の演出だと思うけど。それに引き換え、ジェイソン・ウィバーが演じたマイケルは素晴らしかったです。まだまだ明るかったマイケルとスーパースターのリードボーカルとしてのプレッシャーを感じ始める頃が同居してるんですよね。その具合が良かったです。特に素晴らしい訳ではありませんで、普通でしたがあのテレンス・ハワードが成人したジャッキー・ジャクソンを演じていて、歌って踊っているのも今となっては貴重映像かもしれませんね。んー、どうだろう?

写真は残念ながら本物のマイケルは居ませんが、本物のジャクソンズとこの映画のキャスト、及びジョー・ジャクソンとキャサリン・ジャクソン。一番後ろでジャーメインの隣で笑ってるのが、テレンス・ハワード

ジャクソン・ファイブマイケル・ジャクソンの歴史を時代毎に追っていくのには、丁度良い作品です。マイケル・ジャクソンという男はそれだけでも面白いんですよね。ちなみにこの次に制作されたのが、「Man in the Mirror: The Michael Jackson Story / マイケル・ジャクソン ザ・ムービー 真実の物語 (2004)」という作品。その作品はこの作品の続編としてマイケルがソロで成功してからを主に描いているみたいです。同じテレビ映画ですが、質は全然別物です。こちらは先に書いたように制作にはジャクソンズに関わった人々や本人が関わっておりますが、後から出来た方には誰も関わっておりません。俳優とかの質も全然違います。ですが、なぜかこちらはメディア販売を含めた日本公開は無しで、後者は日本ではDVDとなっております。ブラックムービーが報われないのは、こういう所ですよね。はぁ...

あのモータウンも今年で50周年ですか!あの25周年からまた25年も経っているんですよね。アッパレ。

感想やあらすじ等はこちら

(4.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)