SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Blood and Bone / 日本未公開 (2009) 636本目

これよ、これ。この前の「Afro Ninja / アフロ忍者 (2009)」といい、最近はかなり面白いブラックアクション映画が多い。いずれも昔のブラックスプロイテーションに影響を受けつつも、今の技術や特徴を持って素晴らしい作品にしているので嬉しくなりますね。
きっと2009年はブラックスプロイテーションの新しい時代の開幕となるでしょう。いや違う。なんだろう?ブラックスプロイテーションとも違う新しいブラックアクション映画の時代がやってきた感じがします。

という事でアメリカでは公開されたばかりでやはり70年代のブラックスプロイテーション映画へのオマージュパロディ「Black Dynamite / 日本未公開 (2009)」が好評のマイケル・ジェイ・ホワイト(以下MJW)が主演のアクション映画です。監督は、この前のアメリカで制作された不評の「ドラゴンボール」の脚本を書いたベン・ラムジードラゴンボールファンから「お前のせいで滅茶苦茶にされた」とかかなり厳しく言われております。まあでもこの映画ではその汚名挽回してますよ。脚本は別の方が書いたからもしれませんが... 

キャスティングが良いです。主役のMJWをはじめ、悪役のイーモン・ウォーカーは最高!あの渋ーーーーいかすれた声が特徴的なので、怖い台詞はそのままで怖いです。ゾクゾクします。献身的で強い女性役のノナ・ゲイもピッタリ。お父さん(マーヴィン・ゲイ)にあの姿を見せてあげたいですね。MJWのマッチョな体とはピッタリなんですよね、ノナ・ゲイの体つき。そしてMJWの相棒になるのが、ダンテ・バスコ。彼もブラックムービーでは長年大活躍してますよね。「フック」等で子役から活躍するフィリピン系の俳優。最近では「Take the Lead / レッスン! (2006)」にも出演。このダンテ・バスコが緊張走るアクション映画の中の箸休め的な存在です。でも最近ちょっと太ったかな?アメリカにはフィリピン人も沢山居るんですが、映画等のエンタテイメントで活躍する人は未だ少ないですよね。私が知るのはこのダンテとN.E.R.Dのチャド・ヒューゴ位です。他にも沢山居るとは思うのですが余り目立たないような?そして主人公がアンダーグラウンドな賞金稼ぎのストリートファイトの世界に飛び込んでいくんですが、そこで対戦する相手が元格闘家だったり、現格闘家だったりと贅沢です。ま、ボブ・サップも出てます。そしてキンボ・スライスまで。キンボは期待されていたけれど、負けてばかりですものねー。でもあの風格はやっぱり格闘家なのですよ。そのキンボが絡んでいるラスト...というかエンディングクレジットの部分が痛快で面白いです。
でもこの↓シーンは見飽きたよ、キンボさん。たまには勝ってくれ!


ストーリーもブラックスプロイテーション的な復讐だったりするんですが、でも孤独でストイックな所がウエスタンを思わせるんです。クリント・イーストウッド的ウエスタンなら、大きな銃とかがポイントになるんですが、MJWは素手。本格的に様々なマーシャルアーツを訓練してきたMJWだけあって、見ごたえがあります。そういう部分も上手くストーリーに取り組んでいるのがいいですね。ブルース・ウィリス的ではないんです。やられても不死身とかじゃなくて、そこはフレッド・ウィリアムソン的で汗もかかずに自分は乱れず見事に倒していく様が面白いです。でもあんまりMJWが演じた主人公のプライベートな部分は触れられてません。双子の兄弟が居たという事位。どうしてマーシャルアーツをやるようになったとかは、謎なまま。でもミリタリー仕様のグリーンのあのバックを持っていたりするので、もしかしたら軍人あがりなのかな??とか思わせるだけ。でもどうして刑務所に居たのかとかはあんまり。そういう部分が実にミステリアス。主人公をよりセクシーに見せていましたね。MJWは結婚してから良い感じで角が取れたのかもしれません。でもまだまだセクシー。いや、本当に良い感じのアクションスターが誕生したと思わされました。今の所、ザ・ロック様ことドゥエイン・ジョンソンだけでしたからね。ロック様とも違う、新しいアクションスターなんですよ。もちろんウィル・スミスとも違う、どこか身近に感じる...そう70年代的な。でもそれともやっぱり少し違う魅力のあるヒーロー。

いやーー惚れました。

感想やあらすじはこちら

(4.5点/5点満点中:目をハートにしながら鑑賞)