SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

泣いちゃうんだ

未だ「フェーム」熱冷めず。昨日観ていた回は完璧に80年代の映画「マネキン」の元になったと思うんですが、どこを探してもそんな記述は無く... でも絶対にあの映画の製作者はその回を観て頭に入っていたはず。

Embedding disabled by requestなので、貼れないのでリンクかも?
ちなみに赤ちゃんの格好でハイハイしている女性は、今はデビー・アレンのダンス学校で講師をしているそうです。

昨日は1シーズンと書いてしまったんですが、正しくはシーズン1ですよね。お恥ずかしい。

私はこの「フェーム」のせいで、この映画の舞台となったニューヨークの芸術高校卒業生で、今は立派に俳優として活躍している人を見ると「大変だったのねー」とえこ贔屓したくなります。ま、具体的にはマーロン・ウェイアンズとオマー・エプスの2人です(実際にはもっといます。キース・デイビットとかウェズリー・スナイプス等)。こんなに頑張ってたんだって思ってしまうのです。単純だね、私も。所でその2人が絶妙なTwitterのやり取りを今日していた。余計に目頭が熱くなった。


2人は戦友みたいな感じですかね。と書いた後に見た「フェーム」のエピソードがこれまた... 2人の老人は昔ライバル関係のダンサーで互いに顔を見る事も無かったが、2人は切磋琢磨してきて共に有名になった。日は経ち、2人は老人となり、1人が怪我をして薬などでお金が掛かりアパートを追い出された。その時に真っ先に手を差し伸べたのが、ライバルで顔を見合わせる事もなかったもう1人。その話を聞いた芸術学校の生徒達がチャリティーショーを考えるが、学校のルールで禁止させられていて... と、最後はやっぱり歌って踊って問題解決。マーロンとオマーが(ライバルじゃないけど)老人になった時の事を思い浮かべながら観たら、なんだか泣けてきた。

と、私は涙もろいように思われているかもしれませんが、「Imagine That / エディ・マーフィの 劇的1週間 (2009)」を機内映画で観て泣いた人(お祭り男)を発見。やっぱりあの映画は泣いちゃうんだ。