SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

フレッド・ウィリアムソン

70年代のブラックスプロイテーションで多分一番出演作が多いだろう70代のヒーローのフレッド・ウィリアムソン。そのフレッド・ウィリアムソンがブラックエンターテイメントサイトのEURWebのインタビューに答えた。その席でウィリアムソンは、話題となっているブラックプロイテーションのパロディ「Black Dynamite / 日本未公開 (2009)」について語った。かなり怒っているようだ。
ウィリアムソンは「あの映画は俺へのオマージュらしいが、オマージュならなんでコメディなんだ?俺は毎回映画の中で真面目にヒーローを演じ、戦いに勝ち、女性をゲットしてきた。俺は映画の中で歌を歌った事もないし、踊った事もないんだ。俺の映画を『ブラック・エクスプロイテーション(なぜかブラックスプロイテーションとは言っていない)』とでも呼べばいい。でも俺はコメディをやっていない、だから俺へのオマージュをコメディなんかじゃ示せないんだ」と怒ってます。
ただ主演を演じたマイケル・ジェイ・ホワイトの仕事ぶりには満足している。しかし配給会社のスクリーン・ジェムスへの不満を露にした。「俺を映画に関わらせてくれて、お金が貰えば良かったんだ。主演のマイケル・ジェイ・ホワイトは素晴らしい。奴だってあんな風にコメディにはしたくなかった筈さ」と語った。

そのEURWebのサイトでは、フレッド・ウィリアムソンがコメディ映画「トロピック・サンダー」の際に、ロバート・ダウニー・ジュニアがブラックフェイスで自分そっくりの映画俳優を演じた時のコメントも載せている。「『トロピック・サンダー』で白人が俺にオマージュしたのを見たかい?ロバート・ダウニー・ジュニアが俺の「Hammer / ハンマー (1972)」の時みたいなモミアゲのブラックフェイスのだよ。みんなが見た後にあれはフレッド・ウィリアムソンのいい解釈だと言ってた。敬意を払うよ。俺という人間を知ってるという事だからね。それは彼が俺の話し方に敬意を払い、そして俺がやってきた事に敬意を払っているという事だからね。コメディ映画なんだけど、彼は茶番じゃなかった。彼は「ハマー」を演じていたんだ」と語っている。
Black Entertainment News | African American Current News | EURweb.com

また次の日にはマイケル・ジェイ・ホワイトがEURWebのインタビューに答えている。直接フレッド・ウィリアムソンのコメントについてはコメントを出していないが「この映画はスプーフじゃなくって、オマージュパロディなんだ」と語っている。
Black Entertainment News | African American Current News | EURweb.com
Exclusive: Michael Jai White is Black Dynamite !! - ComingSoon.net←Coming Soonでのインタビュー。

いやー、フレッド・ウィリアムソン相変わらずですね。確かにコメディはやってないかもしれないけれど...「One Down, Two to Go / ザ・リボルバー/怒りの38口径 (1982)」での「You maybe good at Kung-Fu, But I'm expert Gung-Fu, Some other time, Mojo!」という台詞はどのコメディよりも面白かったですよ!しかも面白い事言ってやったみたいな、してやったり顔だったじゃないですか!やっぱりあの台詞はマジだったんですね。ま、こういう所も彼の魅力ですね。