SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Powder Blue / 日本未公開 (2009)

Cast >> Jessica Biel (Rose-Johnny), Forest Whitaker (Charlie), Patrick Swayze (Velvet Larry), Ray Liotta (Jack Doheny), Lisa Kudrow (Sally), Eddie Redmayne (Qwerty Doolittle), Kris Kristofferson (Randall), Sanaa Lathan (Diana) ...
Director >> Timothy Linh Bui
Writer >> Timothy Linh Bui
Producer >> Timothy Linh Bui, Forest Whitaker, Tracee Stanley

総合ポイント >> 3.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 3

Crash chaser
ロサンジェルスがクリスマスを控えた頃、厳しい状態にあったストリッパーのローズ・ジョニー(ジェシカ・ビール)はジャック(レイ・リオッタ)に親切にされて会話をするようになった。ローズ・ジョニーの犬が居なくなり、葬儀屋のクワーティが車で轢いてしまったが治したが、ローズ・ジョニーには連絡しなかった。その頃、チャーリー(フォレスト・ウィッテカー)はなぜか自分を殺してくれる人を探していた。トランスジェンダーのレクサスを見つけた。

2005年のアカデミー賞を見事に獲得した「クラッシュ」。その後追い映画だ。孤独な大都会ロサンジェルスで不器用に人が交差していく様を描いている。ただ「クラッシュ」はその描写が絶妙に上手かったが、この映画は不器用さを感じる。確かに「クラッシュ」には無かったセクシーさの映像があるが、それまで。何といってもジェシカ・ビールの肉体美がこの映画の見所。この映画に秘めている沢山の謎を解いていくのは、それなりに面白いがあまりにもその謎が多いので、観客が消化出来ない部分が多々ある。

やろうとしている事は感じる。でも独創的なオリジナリティを感じる事がなかったのが非常に残念。

(9/16/09:DVDにて鑑賞)