SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Good Fences / 日本未公開 (2003) (TV)

Cast >> Danny Glover (Tom Spader), Whoopi Goldberg (Mabel Spader), Zachary Simmons Glover (Tommy-Two/age 17), Mo'Nique (Ruth Crisp) ...
Director >> Ernest R. Dickerson
Writer >> Erika Ellis, Trey Ellis
Producer >> Danny Glover, Whoopi Goldberg, Spike Lee ...

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 4

This isn't awkward, wake up everybody...
1972年コネチカット中流家庭の住む町でトム(ダニー・グローバー)とメーベル(ウーピー・ゴールドバーグ)は子供二人に恵まれて仲良く幸せに暮していた。トムは弁護士として成功し、白人しか住んでいない町へと引っ越した。メーベルは大きな家にメイドの居る生活で幸せだったが、徐々に不自然に感じるようになっていた。そんな時に隣に宝くじを当てた黒人のルース(モニーク)が引っ越してきて...

不思議な映画である。「カラー・パープル」で不幸せだったダニー・グローバーウーピー・ゴールドバーグが再びゴールデンコンビとして復活。今度は気味が悪い程に仲の良い夫婦役。グローバーがゴールドバーグのペディキュアを健気に塗ってあげている姿は「カラー・パープル」の事をふと思い出してしまい、笑ってしまう。わざとそう演出していると感じた。いや全てが「カラー・パープル」の思い出を匂わせる。あんなに不幸せだった2人が、今は専門職を得てお金を持ち高級住宅街に住んで子供にも恵まれている。あの時に持っていなかったものを全て手に入れている。それでも人は何かを物足りなく感じてしまう皮肉。この映画は全てが皮肉なのだ。「これがキング牧師の夢なのか?」という台詞にも現れているし、高級住宅街に住んだ事で白人としか接していない娘は黒人としての意思を丸で持たず、逆に息子は黒人としての意識を余計につけている。そんな時に訪れる「招かざる客」事、モニークが演じるルースという女性。彼女は普通の感覚で生きている普通の人。けれど彼等の家族には邪魔な女性。

白人の中でたった一人の黒人であるという不思議なプレッシャーと恩恵が、彼等の感覚を失わせた。そしてルースという女性が現れた時に異常なまでも反応してしまう。そういえば、この映画はスパイク・リーの制作会社が作った作品だ。スパイク・リー映画御なじみの「ウェイクアップコール」は、この映画の場合あのルースという女性なのだ。

(6/17/09:DVDにて鑑賞)