SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Brotherhood of Death / 日本未公開 (1976)

Cast >> Roy Jefferson, Le Tari, Haskell Anderson, Mike Bass (Capt. Quinn), Jim Bradley, Barbara Cherry ...
Director >> Bill Berry
Producer >> Ronald K. Goldman

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 3

Do or Die
レイモンド(ロイ・ジェファーソン)とネッド(ル・タリ)とジュニア(ハスケル・アンダーソン)の3人は南部の町に住む若者だったが、すぐにベトナム戦争に行く事になっていた。ベトナムでの厳しい訓練と激しい戦闘にも耐えて無事に町に戻ってきた3人をバーのエース(マイケル・ホッジ)が迎えた。しかしすぐに町で黒人女性が白人男性にレイプされる事件が起きたが、誰も逮捕されなかった。怒った黒人が犯人を襲った。そして町のKKKはまた激しく動き出し...

思った以上に面白い作品だ。ベトナムへ行く前にも白人とのいざこざがあったが、その時には主人公の3人が逃げている。そしてベトナムから帰ってきた3人は鍛えられていて、自信にも繋がっている。ブラックスプロイテーションなのに取りあえず銃を置いて、町の人々の気持ちを揺さぶって投票登録を呼びかけていくシーンが清々しい。そして町の人々は3人に協力していく姿も面白い。彼等は白人の家でメイド等をしているので、いつもはネガティブに描かれている事をそれを逆手にとってそれをポジティブにしているのだ。

やるかやられるか...最後はブラックスプロイテーションらしく緊迫したアクションを見せてくれる。そして最後にはKKKの看板を映し出す。中々挑戦的である。

(6/15/09:DVDにて鑑賞)