SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

A Warm December / 12月の熱い涙 (1973)

Cast >> Sidney Poitier (Matt Younger), Ester Anderson (Catherine), Yvette Curtis (Stefanie Younger) ...
Director >> Sidney Poitier
Writer >> Lawrence Roman
Producer >> Melville Tucker

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 5

Mellow Love Story
マット・ヤンガー(シドニー・ポワチエ)は娘と2人で長いバケーションの為にロンドンに来ていた。ロンドンの街で謎めいた女性キャサリンエスター・アンダーソン)に偶然出会い、彼女の姿を追うが見失ってしまう。しかしまた偶然に出会って意気投合するが、彼女の正体は謎めいたままだった。マットはそんな彼女に惹かれていくが...

シドニー・ポワチエが監督と主演を務めた、なんとも悲しい大人の恋愛物語である。大人ゆえに悲しい。あの2人が大人じゃなかったから、きっと感情が赴くままに行動をし、やっぱり彼等が思ったような悲しい結末になっていたかもしれない。でももしかしたら、そうならない可能性だってあった。でも大人ゆえに沢山の人々が彼等に関わっているから、そうは簡単にいかない。
さすがシドニー・ポワチエと思わせる内容でもある。単なる大人の恋愛映画だけでは終わっていない。アフリカ回帰な部分を見せて、そして黒人故に身近な病気でもある鎌状赤血球症について取り上げている点が興味深い。ポワチエはこの映画で、この病気についての情報等を教育する為に取り入れた感じがするのだ。

さすがシドニー・ポワチエだ。ラストも取り乱す事なく、何も言わずに去っていく。それが女への最後の優しさである。何もかもがジェントルマンである。2人が本物の大人ゆえに、観客の切ない気持ちが増す事になるだろう。

(2/7/09:DVDにて鑑賞)