SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Traitor / 日本未公開 (2008)

Cast >> Don Cheadle (Samir Horn), Guy Pearce (Roy Clayton), Said Taghmaoui (Omar), Jeff Daniels (Carter), Neal McDonough (Max Archer) ...
Director >> Jeffrey Nachmanoff
Writer >> Steve Martin (story), Jeffrey Nachmanoff
Producer >> Don Cheadle, Steve Martin, Chris McGurk ...
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Sweet Revenge
サミア・ホーン(ドン・チードル)は幼い頃にスーダン人の父がテロにより目の前で殺された。父の影響でモスリムとして育ち、敬虔なモスリム信者となった。成人し、イエメンでテロリスト集団に武器を売ろうとした所、アンブッシュに遭い今はイエメンの刑務所に居た。その時にアメリカのFBIに目をつけられた。刑務所ではアラブ人のオマー(サイード・タグマウイ)と出会い、彼のテロリスト組織に導かれた...

イラク戦争の中、アラブが題材となった映画が今現在数多く存在する。殆どの作品でアラブは敵と描かれる中、この映画は面白いアプローチをしている。一対一の人となった時に起こる人間関係。戦争では一対一になる事はまず無いし、甘いかもしれないがやっぱり話し合いというのが一番の良案なのかもしれないという可能性を感じさせてくれる。
今回の作品ではドン・チードル演じたサミア・ホーンという男が最後まで謎めいている。でも所々にその謎を解く鍵がある。テロリストが非暴力で戦ったマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の「命をかけて戦える何かを見つけてない人は、生きていけない」という言葉を引用したりする。最後も中々上手く驚く仕掛けもあったりして、ドキドキする。またラストのサミアの気持ちが、イラク戦争で戦ったアメリカの軍人達と似ているのも考え深い。

甘い考えなのは分かっている。でも作り手の希望や理想が見えて可能性を感じるので、主人公の行動にハラハラドキドキする。

(12/23/08:DVDにて鑑賞)