SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Little Richard / リトル・リチャード ザ・ロックン・ローラー (2000) (TV) 77本目

いやー、珍しい事に100本映画が溜まっている。週末にも映画館にも足を運んだし、DVDも見たし。ここの所映画人生は充実。幸せだね。

という訳で、最近特に多い「音楽系」の映画ですが、これはその先駆者にして最強(に近い)...かな。何度見ても非常に楽しい映画。リトル・リチャードの自伝映画を「The Five Heartbeats / ファイブ・ハートビーツ (1991)」のロバート・タウンゼントが監督しています。ロバート・タウンゼントの作る世界はいつも優しい。見た後は必ずほんわかとした暖かい気持ちになれます。でもやはり音楽でも黒人は厳しい立場だった訳で...このリトル・リチャードにしたら、自分が作った曲をパット・ブーンに勝手にカバーされてしまうという事です。しかもリトル・リチャードは黒人というだけで、メインストリームのラジオ番組やテレビ番組からは排除されてしまい、勝手にカバーしたパット・ブーンが儲けてしまいます。今みたいに著作権だのは厳しくないので、リトル・リチャードは泣き寝入りするしかなかった。だったら、どうやってパット・ブーンに対抗するか... ここでは非常に面白い方法で、それが映画の中でしっかりと描かれています。痛快です。してやったり感があります。そういう甘さだけじゃない部分がロバート・タウンゼントは上手いですね。ビタースイートというものです。

そしてロバート・タウンゼントは、その題材となった人物を本当に好きなんだろうなーと思います。ここでもリトル・リチャードの名曲「ルシール」や「トゥッティ・フルッティ」、「ロング・トール・サリー」にまつまるエピソードも上手く描いているし、リトル・リチャードの家族、友人等のエピソードも上手い。そしてリトル・リチャードのパンケーキ31も面白い。

そして主演がレオン。ロバート・タウンゼントの「ファイブ・ハートビーツ」にも出演して女性にモテるセカンドリードボーカルを演じ、「The Temptations / ゲット・レディ! 栄光のテンプテーションズ物語 (1998)」ではデビット・ラフィンにそっくりな事でも話題になったレオン。今まで彼が演じてきたシンガー達とは全然タイプの違うリトル・リチャードを演じています。これがビックリ。リトル・リチャードにしか見えないんだから。彼にシンガーを演じさせると右に出る者はいないんじゃないか...とすら思えてくる。リトル・リチャードのパブリックな表の顔と、プライベートな裏の顔の演技も面白いです。その2つの差は無いけれど、両方合わせてリトル・リチャードだなーと思わせてくれます。奇妙な言動の多いリチャードですが、中々カッコいい台詞もあったりします。「貴方の行為は許せないけれど、貴方を人として許します」。リチャードが敬虔なキリスト教徒だったのも分かります。

ルシールを演じたタマラ・ジョーンズが最高にキュート。そしてここにも「Nightjohn / 日本未公開 (1996)」のカール・ルンブリーが出ているのだ。リチャードの厳しいお父さん役。ピッタリなのだ。

感想はこちら

(5点満点:DVDにてトゥッティ・フルッティに鑑賞)