SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

A Low Down Dirty Shame / ダーティ・シェイム (1994)

Cast >> Keenen Ivory Wayans (Shame), Charles S. Dutton (Rothmiller), Jada Pinkett Smith (Peaches), Salli Richardson (Angela), Andrew Divoff (Mendoza), Corwin Hawkins (Wayman), Gary Cervantes (Luis) ...
Director >> Keenen Ivory Wayans
Writer >> Keenen Ivory Wayans

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 4

Tempo
シェイムキーネン・アイボリー・ウェイアンズ)は元LAPDロサンジェルス市警)だったが麻薬を牛耳っているメンドーザを追っている際に失敗して私立探偵となり、小さい頃から知っているピーチーズ(ジェイダ・ピンケット)が手伝いをしていた。シェイムの元同僚のソニー(チャールズ・S・ダットン)が訪れた。シェイムへの仕事の依頼が、メンドーザの元彼女であり、シェイムとも愛し合った事のあるアンジェラ(サリ・リチャードソン)を探す事だった...

弟のデーモン・ウェイアンズが「モー・マネー」で成功させたテンポのあるアクションコメディ。兄も負けずとこの作品を作ったように思える。デーモンの場合、ストーリーの内容やアクションシーンでも銃と素手でお互いがボロボロになる生臭い感じがしたが、こちらは洗練された感じである。それもその筈、キーネンは空手の黒帯保持者なので、構えの姿が様になり、元警察官という役も無難にこなせる。また、相棒を小さなジェイダ・ピンケットにしたお陰でスピード感にも溢れていたように思える。今でこそセクシーで女性らしさをアピールしているピンケットが、ベリーショートヘアーにトレーナー姿でチョコチョコと走りまわる姿が実にチャーミング。でもそれだけじゃなくって、ラストには目をキラキラとさせて女性らしい一面を見せてくれているのは、彼女の魅力を残す所なく楽しめる筈だ。
また細かい所でお茶目なカツラを被ったり、捜査でもイタズラな面を入れたりするのは、キーネンの魅力も満載だ。

観客はジョークに笑ったり、アクションにハラハラしたり、ロマンチックな場面でメロメロになったりと、この映画のテンポの良さであっという間の時間を過ごしてしまいそうだ。

(8/15/08:DVDにて鑑賞)