SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

ジェロで妄想

今日はアイス・キューブとキキ・パーマーの「The Longshots / 奇跡のロングショット (2008)」を見てきた。うっえっさーーい〜〜!!(でも舞台はイリノイ州だったので長袖で寒そうなアイス・キューブも新鮮)アイス・キューブが素敵なオッサンになった。何かキュートなオッサンだった。感想は後日。予告は上でも話題にした「The Secret Life of Bees / リリィ、はちみつ色の秘密 (2008)」がやっていた。確かに物凄く面白そうな物語ではあったけれど、ダコタ・ファニングが主役なのが嫌な予感がした。実際に予告ではやっぱり黒人女性達が昔の40年代の映画よろしく白人の女の子の慰めとなる物になっている感じがしちゃった。「風と共に去りぬ」から変わらないのか?まあでもあの主役が白人じゃないと成立しないので仕方ないんですけど。そういう物語なんだから仕方ないんですけど... 

今日映画に行って思ったのはもう10月公開や11月公開の映画の予告が流れているという事。もしバーニーもアイザックも生きていたら、今頃「Soul Men / ソウルメン (2008)」の予告が流れていたかもしれない。となるとやっぱり公開時期をずらすのは仕方なかったのかも?とも思った。

日本はソフトボールで盛り上がっているようですね。私は陸上の400mリレーの日本の銅メダルも凄いと思います。嬉しいっす。でもまた見逃してます!今年のアメリカの陸上はダメだったようで、400mリレーも夫には「今年はアメリカじゃなくってジャマイカだよ」と散々言ってました。本当にそうなるとは!アメリカの男女共にバトン落としとは、これまた... ジャマイカといえば、女性短距離のマリーン・オッティを思い出すんですが、彼女の今までの鬱憤を今年はボルトが一気に爆発したのでは??そういえば、ESPNで不思議な討論をしていた。今年のバスケットボールのオリンピック代表は全員黒人選手。それが及ぼす黒人コミュニティへの影響とは??という物。夫と目を合わせて「普通に良かったね」ぐらいじゃね?と。今の選手はカリスマ性があるとも思えないので、そんなに影響もないかと... これを機にみんながバスケットボールを始めるとも思えませんですし... それよりも陸上の人気がガタ落ちしそうな予感。更にそれよりも水泳とかフェンシングとか以前は黒人が活躍していなかった競技での活躍が目立ったので、これからもっとスポーツも多様化していくのでは??

ジェロが日本ではウィル・スミス似の美形と言われているらしい。アイス・キューブキンボ・スライスを足して2倍したようなうちの夫ですら、日本では女子高生に「きゃー、ウィル・スミスにそっくりー!」と言われてその気になっていた程である。いや逆に自分でも全然違うのを知っているから恥ずかしかったそうだ。確かにジェロは美形だけど、ウィル・スミスじゃないよね。ケル・ミッチェルか私贔屓のジャスパー・レッドにちょっと似ている気がしている。でも日本ではジェロの方が人気でケルもジャスパーも知名度ゼロなので、ジェロはジェロだね。所でジェロがTVでインタビューに答えているのを見ていた。誠実。偉い。私だったらキレてしまいそうな質問にも笑顔で答えていた。ジェロは日本人のおばあちゃんに喜んで貰おうと演歌を歌い始めた。私に置き換えてみた。うちの子供にも後20年もすれば多分子供が生まれる。その子供は私の孫。孫にとっては私は日本人のおばあちゃんである。その孫がおばあちゃんが大好きだからと、私の好きな漫才を始めて日本に渡り「おばあちゃんとの約束を果たすためM-1で優勝しに来ました」とテレビで語っていたら、私は号泣だろう... だってその頃のM-1では、師匠クラスとなったチュートの徳井君とかが審査員してるかもしれない。その時まで後30年ちょっとは頑張って生きなきゃなって思う。いやその前に孫に好かれる素敵な女性にならないとな。

ジェロは私たちみたいな人間の夢と未来が沢山詰まった人であります。