SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

100 Rifles / 100挺のライフル (1969)

Cast >> Jim Brown (Lyedecker), Raquel Welch (Sarita), Burt Reynolds (Yaqui Joe Herrera) ...
Director >> Tom Gries
Writer >> Robert MacLeod (novel), Tom Gries ...
Producer >> Marvin Schwartz
Genre >> Western

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Good Noises
メキシコのソノラはバーデュゴ将軍が街を統治していた。その街に流れ着いたのが、アメリカで銀行強盗をしたジョーバート・レイノルズ)だった。そしてジョーを追ってきたのがアメリカから保安官に雇われたライデッカー(ジム・ブラウン)だった。ジョーは、バーデュゴによって殺されていくアメリカ先住民のヤクイ族の血を引く男で、戦いの為に100挺のライフルを買っていたのだった...

時代が変わりつつあった1969年。その年にこの映画は製作された。この映画では、黒人のジム・ブラウンが主役。バート・レイノルズは2番手なのだ。そしてジム・ブラウンが白人のヒロインのレイチェル・ウェルチを手にする。それだけで映画のメッセージ性はあると思うのだが、この映画はメキシカン対アメリカ先住民との戦いも描いている。どちらか一方が悪く描かれてしまうのは、逆にウエスタン映画らしい分かりやすい展開だと思う。でも単調すぎてしまうのが欠点。ジム・ブラウンとバート・レイノルズのコンビが対照的で面白かっただけに、もうちょっとその物語を展開に加えても良かったかもしれない。そして、ジム・ブラウンとレイチェル・ウェルチの関係も最後はアッサリし過ぎているようにも感じた。

この映画のノイズは、銃声だけじゃない。アメリカの悲しい歴史の声でもあると感じた。

(8/01/08:DVDにて鑑賞)