SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

A Low Down Dirty Shame / ダーティ・シェイム (1994) 42本目

いつもテレビ放映とかで間に合わせていたので、実はDVDをもって無かったのだ。もう少ししたら値段ももっと下がるかなーと思って待っていたけれど、そんなに下がらず、そして欲しいなーと思った時には店頭であまり見かけず...意地悪な世の中だわ。つい最近、やっとアマゾンで手に入れました。

デーモン・ウェイアンズの「Mo' Money / モー・マネー (1992)」に似てると言えばそうなんですが、顔もそっくり兄弟だし、この映画の主役のキーネン・アイボリー・ウェイアンズが兄で年上なので怒れないし、まあ仕方ないと言えば仕方ない。しかし、何度見ても同じ所で笑ってしまう。あのジェームス・ブラウンの曲は笑えるよね。で、メキシカンの男がメキシコの歌を歌うけど、犬には通用せず...その辺がキーネンらしい部分かな?って思いますわ。この映画のキーネンも素敵なんですが、何といってもジェイダ・ピンケットかな。この映画の印象が一番強い。気取った役よりも、こういうチャキチャキな感じの方が私は好きです。小さいから本当に可愛い。似合うんだよね。でも最後には目がキラキラしていて魅力的。台詞でキーネンがジェイダに向かって「君が16歳の頃から知っているけど、本当に女性らしく綺麗になった」なんてありますが、あれはきっとキーネンの本音なんじゃないかと思います。というのも、キーネンは実際に16歳の頃からジェイダを知っていて、将来一緒に映画を作ろうと言っていたらしく、この映画でその約束が果たせたらしいですからね。だからこそ、彼女の長所が生かせたんだと思います。ウィル・スミスがウェイアンズ兄弟とも仲がいいのは、その辺も関係しているのかな?とも思ったりします。ジェイダ演じるピーチーズのルームメイト役にも笑ってしまいます。彼?彼女?は撮影後に亡くなってしまい、この作品が最初で最後になりました。どうやらテキサスでローカルなスターとして知られていたコメディアンだったようです。女性専用のジムでの怒った顔とか、クラブで殺されたと思って倒れた時の彼氏?とのやりとりとか最高です。

ま、この映画を面白くなるちょっとしたトリビア。その「モー・マネー」の時にマーロン・ウェイアンズに宝石屋でちょこっと口説かれて、マーロンに激怒していたのがサリ・リチャードソン。この映画では、華麗なる悪女アンジェラへと変身しています。さらに華麗な女性へと変化して、「I Am Legend / アイ・アム・レジェンド (2007)」ではジェイダ・ピンケットの夫ウィル・スミスの奥さんを演じていたから、ピーチーズへの復習は果たしたかもしれない。違う?

私のお気に入りのシーンは、キーネンとサリがホテルから車で逃げるシーンです。あのカツラ姿の真面目なキーネンは毎回笑ってしまう、私のツボ。私は、こういうアクションコメディ大好きですからね。その中でも、やっぱり「モー・マネー」とこの映画はクラシックだと思う。アクションだけじゃ物足りないの。やっぱり笑えないと。

(4.5点/5点満点中;DVDにて90年代に思いを馳せながら鑑賞)