SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Yesterday / 日本未公開 (2004)

Cast >> Kenneth Khambula (Yesterday's husband), Leleti Khumalo (Yesterday), Harriet Lenabe (Teacher), Lihle Mvelase (Beauty), Camilla Walker (Doctor) ...
Director >> Darrell Roodt
Writer >> Darrell Roodt

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

No, you are you.
エスタデイ(レレティ・クマロ)は、娘のビューティが来年から学校に通うことを楽しみにしていた。夫はヨハネスブルクの鉱業場で働いていて、村には中々帰ってこなかった。イエスタデイは最近体調を崩し、咳き込んでいた。一番近くの病院には、徒歩で片道2時間かかる別の村まで行かないとならないが、娘と歩いて着いた時には、すでに満員で見てもらえなかった。友人の計らいで、次はタクシーで行く事になったが、病院で信じられない結果を医師から聞く...

アフリカの問題点を全て取り込みながらも、見事にまとめている。最近の問題と言えば、識字率エイズ等。エイズについては、その識字率等もあって、中々アフリカの国でも正しい知識が広まっていないように思えた。アフリカはやっぱり口頭伝承なのだろう。女達が水汲み場や川での洗濯でゴシップに花咲かせているのが興味深い。主人公も、エイズという物を何だかよく分かっていないが、恐ろしいウィルスで他の村でかかった女性が村の人達から殺された話を聞いているので、口を頑なに閉ざす。
問題点を扱うと、とかくに暗くなりがちな映画が多いなか、この映画はそういう暗さがない。むしろ主人公の強さや前向きさを感じて熱くなる。でもいつでも強い訳でもなく、人間らしさを見せてくれるので安心する。
この家庭では一夫一妻なのだが、一夫多妻制のアフリカの家庭を感じる事も出来る。自分の病気を夫に伝える場面と、夫が戻ってくる場面、そして友人が娘の面倒を見るという場面にそのアフリカの家庭の姿が現れていると思う。更にそこに母親と娘の絆を描いていて、家庭的である。

人間の怖さも知ると同時に人間の弱さ脆さも知る。人間の美しさと、醜さも知る。この映画は全てに於いてバランスが取れている。そのバランスが非常に人間らしい作品。アフリカはアフリカだから美しいのだ。主人公と娘の笑顔と、アフリカの美しい風景に心が奪われる。そして人間っていいなって感じる。

(7/30/08:DVDにて鑑賞)