SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Greased Lightning / 日本未公開 (1977)

Cast >> Richard Pryor (Wendell Scott), Beau Bridges (Hutch), Pam Grier (Mary Jones), Cleavon Little (Peewee), Vincent Gardenia (Sheriff Cotton), Richie Havens (Woodrow), Julian Bond (Russell) ...
Director >> Michael Schultz
Writer >> Leon Capetanos, Lawrence DuKore, Melvin Van Peebles, Kenneth Vose

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Richard Pryorism
ウェンデル・スコット(リチャード・プライヤー)は、昔からレースに関しては自信があった。軍でメカニックを勉強したスコットは故郷に戻り、車修理工場を持つのが夢でとりあえずタクシー業でお金を貯めようと思っていた。メアリー(パム・グリア)と結婚し子供も出来たスコットは生活費の為に、自慢の運転技術で密造酒を運ぶ仕事を手に入れた。警官達との攻防戦もスコットの運転技術でまんまとすり抜けるが... ひょんな事からスコットがストックカーレーサーとなったのだった。

実在した人を物語する時、ドキュメンタリーのように事実と忠実に描くか、それともドラマ性を重視して軽く描くか... と分かれると思います。この場合は、どちらかと言うと軽く描かれています。実在したウェンデル・スコットがNASCARの最高峰のグランドナショナル(今はスプリントカップ)で1位になるまでが描かれている。映画で描かれた通り、スコットは密造酒の運び人をしていた。そこの件から、レーサーになるまでが実にドラマチックに面白く描かれている。また警官達の追いかけごっこのアイデアが実に面白い。この辺の面白さというのは、リチャード・プライヤーらしさを感じてしまうのだ。また黒人では珍しかったレーサーという事、そして南部という事もあって、様々な差別に直面する。その辺もプライヤーらしくポジティブで面白く立ち向かってくれるので窮屈さを感じない。
またリッチー・ヘブンスのナレーションのような歌詞の歌に、「ブレージングサドル」ですでに一緒に仕事をしているクリーボン・リトルとの相性の良さも感じる。

ウェンデル・スコットという人物の威厳を保ちつつ、見事にリチャード・プライヤー的な部分を見せてくれている作品。

(5/4/01:TV放映、7/24/08:VHSにて鑑賞)