SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Detroit 9000 / デトロイトポリス (1973)

Cast >> Hari Rhodes (Sergeant Jesse Williams), Alex Rocco (Lieutenant Danny Bassett), Vonetta McGee (Ruby Harris), Ella Edwards (Helen Durbin), Scatman Crothers (Reverend Markham), Herb Jefferson Jr. (Ferdy) ...
Director >> Arthur Marks
Writer >> Orville H. Hampton
Producer >> Arthur Marks

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Twist and Turn
クレイトン下院議員(ルディ・チャレンジャー)が知事に立候補を表明し資金集めの為のパーティーに何者かが押し入り見事に強盗を成功させた。デトロイト市警の警部補ダニー(アレックス・ロッコ)がその捜査にあたる事になったが、ダニーは病気の妻を抱えているのもあって、のる気ではなかった。しかしジェシー巡査部長(ハリー・ローズ)は、その捜査に興味があって解決したいと思っていた。2人は捜査を始めるが...

ダニー役は、ブルース・ウィリスが演じそうな役柄である。都会のストリートを心得ていて、それなりに酸いも甘いも悪も善も知り尽くしているが、私生活では疲れきっている男。仕事ではしっかり結果を残すが、私生活では結果の出せない男。男の哀愁を感じる警官である。その裏と表が、結末にいい感じで捻れていく。いや、この作品全般で大都会デトロイトという町が捻れていく。政治家、警察、医者、一般市民... 善良である筈の人々が捻れていく。

その捻れを正す時、デトロイトで大きな銃撃戦となる。ちょっとした下心が命取りになる。やっぱり正義が勝つのだ。

(4/15/08:DVDにて鑑賞)