SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Close the deal

この前は、ハイテンションなピースでしたが、今回はこんな感じ。いや、アイス・キューブがラップでテンション上がった時にウエッサイ言う前の「いえーい、いえーい」みたいな感じで本当は何を言っているかよく分からない雄たけびを上げている... 気分はあんな感じです。

ノースカロライナの方は投票終了後にすぐにバラク・オバマが勝ったと発表された。インディアナの方が発表されたのは、東海岸時間で朝の1時。投票集計数が98%になったところでようやく発表された。インディアナは、隣のイリノイ州の大都市シカゴに近いゲイリー等の大きな都市があるカウンティと下の方にあるケンタッキー側のカウンティは、同じ州内でも違うタイムゾーンに属しているので、投票締め切りにも時差がある。このゲイリーがあるカウンティが中々発表されなかった。ゲイリーはインディアナの中でも黒人が多く住むところとして有名。フレッド・ウィリアムソンの故郷としても有名で、彼は「Original Gangstas」をこのゲイリーを舞台に作ってます。ま、ここのカウンティが65とか70%近くでオバマが勝ったら、ヒラリーのリードを最後の最後で覆せる...しかも、黒人が多くてオバマのお膝元のシカゴに近いのもあって、その可能性が十分にあったという事から、中々発表されなかった。28%の集計結果では、その75%をオバマは集めていた。このカウンティ内には、そのゲイリーという町の市長ともうひとつ大きな町ハミルトンの市長が居る。ゲイリーの市長はオバマを支持していて、ハミルトンの市長はヒラリーを応援していた。怪しいのが、ハミルトンの市長がテレビに出て、まだ全然発表されてない時に「うちの市ではヒラリーが75%で勝っていた」と発表。それを聞いたCNNのジョン・キングが「そんな風に分かっているのなら、なんで投票結果の連絡が全然来ないのだ」と激怒。ま、インディアナではオバマ負けてしまいましたが、元々インディアナが強いと言われていたヒラリー。事前の調査では平均で8%以上で勝つと言われていて、昨日も朝からずっとインディアナはヒラリーでノースカロライナオバマと言われていた...のにたった3%での勝利。一般投票でも差を開ける事が出来なくて、もう今朝からマスコミ各社(ヒラリー支持している所は別)は、「ヒラリー終わった」ムード。ノースカロライナも差を縮めたと言われていたが、ふたを開けてみたら14%も差をつけられた。しかもノースカロライナは115の代議士数と大票田。昨日の結果によりオバマの方はあと33の代議士数を獲得すれば、ヒラリーに代議士数で抜かれる事はなくなったのだ。しかも昨日の時点でスーパー代議士数も14差と縮めた。昨日の結果でスーパー代議士数もオバマに傾れこむといわれている。実際に既にヒラリー支持を表明しているカリフォルニアの代議士で数名は、もしヒラリーが最後まで代議数の数でオバマに勝てなかった場合には、オバマに投票すると発表している。「The Hufftiongton Post」は、既に「オバマ対マケイン」と掲げて、ヒラリーは数字的にも金銭的にも流れ的にも無理と書いている。数字的というのは、上に書いた代議士数の事で、お金はヒラリーはまた6.4ミリオンの身銭をまた削ったと伝えられているし、インディアナは辛うじて勝ったので流れも掴む事が出来なかった。「Drudge Report」もオバマとミシェルの写真を載せて「The Nominee(候補者)」と書かれている。

一昨日はスティービー・ワンダーの無料コンサートの後も、オバマは夜勤務の人々に会いに深夜になってもインディアナを駆け回っていたそうです。

とはいえ、あのヒラリーたんがここで「あ、そうですか...」と言って辞める訳ではない。未だにフロリダとミシガンの無効となった結果をどうにかして戻そうとしている。ミシガンはあり得ないですから... ミシガンでの投票はオバマの名前が投票用紙に印刷すらされてなかった。それなのにヒラリーは「公正」だったと主張している。フロリダは...よく分からない。何かあったらしい。そういう事があったときには、「無効」として民主党内のルールブックに定められているのに、そのルールさえを変えてしまおうと必死。しかもノミネーションに必要な代議数「2025」すら変えようと必死らしいです。でも、もうインディアナで思うように勝てなかったので、誰も聞いてくれないと思いますけど...

でもオバマは早々にノースカロライナで勝利宣言。いつもよりもより一層対マケインを意識した内容でもあり、民主党内をまとめようとした内容でもあった。すっかり「ノミネーション頂き」スピーチ。でもこれが「ニュー・アメリカン・ドリーム」という感じの素晴らしいスピーチ。でもまだ分からないのに「インディアナではヒラリー候補が勝利したようで、お祝いしたい」とか言っちゃうし。私は最後の最後までミズリー州の時みたく逆転勝ちを信じてたのに...