SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

どこでもドア

今日も大事なインディアナ州ノースカロライナ州での選挙がある。バラク・オバマも精力的に活動している様子で、どうやったらその2州をそのスピードで行ったり来たりしているんでしょ?という位、2州の各地を隈なく回っている。どこでもドア的なものを使っているとしか考えられない... 今日も朝からインディアナ、夜にはノースカロライナだそうです。

昨夜はインディアナ州インディアナポリスで行われた集会が凄かった。屋外だったようで、なんとゲストにスティービー・ワンダー!私は見逃した... C-Spanで見れたらしい。雨が降ったりやんだりする中で、スティービーが歌ったらしい。スティービーの無料屋外コンサートなんて、あり得ない!インディアナポリスの人、ラッキー過ぎる。実はヒラリーもコンサートやってるんですよね。4月に、エルトン・ジョンと共に。こちらは献金集めのために、NYのマディソン・スクエア・ガーデンで一番いい席が1回で献金出来る最高額2300ドル(約23万円)!!どう考えてもスティービーの無料>エルトンの23万でしょう... っていうか、スティービーの太っ腹に惚れた。Organizing for Action←ここで写真見て。ますます惚れるから。

それにしても4月はオバマにとってもっとも厳しい月だった。ペンシルバニアでの敗北、そしてライト師の発言... そのライト師について、世論調査の老舗ギャロップが調査をした。
ライト師の発言は意味がないと答えた民主党支持者は65%、共和党支持者は36%だった。逆に意味があると答えた民主党支持者が32%で共和党支持者が58%になった。丁度逆になるんですね。でも一番最初にライト師の「God Damm...」が出てきたときには意味が無いと答えた人が民主党内で70%位だったから、ちょっとだけ落ちた。また民主党内で、オバマとライト師の関係は選挙に関係あるか?という質問では、オバマ支持者の85%が関係ないと答えたのに対して、ヒラリー支持者は48%が関係ないと答え、関係あると答えたのが51%と若干ではあるけれど半数を上回った。

そのライト師、今年の10月とか秋口に新しい本を出版するようで...しかも発言をした講演の主催者であるクリントン支持者として知られている女性と密会していた..なんていう噂まで。うちの夫ともこの話題になった時に、夫はライト師の発言を「あれは黒人男性の怒りだよ。真実」なんて言ってましたが... でもエイズの話は、どうなんでしょうか?そこまでの危険を冒してまで...とは考えにくいですけど。まあ、世の中には極論者って居ますからね。その発言等について、キング牧師のスピーチライターだったクラレンス・B・ジョーンズが「The Huffington Post」に意見を寄せている。「ライト師を批判するよりも賞賛したい。アメリカでの人種に関わる様々な問題を教会のあり方や組織、そして神学枠組みで再認識させてくれたように思える。なにしろ、クリスチャンを軸にしてその教えを説き、活動してリーダーシップを取ったのがキング牧師である。(中略)オバマに投票した何万人もの白人の人々が、我々が聞こえない・理解出来ていない何かを教えてくれているように思える。マスコミのネガティブな放送や政治評論家達にも関わらず、彼らは色や人種に囚われずに21世紀の新しい橋を渡り、多人種の文化の時代た来たという事を教えてくれているようだ。」と語っている。

今日はどうなるんでしょうか... グアムの事もあるし、何か落ち着かない。ドキドキする。