SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Hell Up in Harlem / ハーレム街の首領 (1973)

Cast >> Fred Williamson (Tommy Gibbs), Julius Harris (Papa Gibbs), Gloria Hendry (Helen Bradley), Margaret Avery (Sister Jennifer), D'Urville Martin (Reverend Rufus), Tony King (Zach), Gerald Gordon (Mr. DiAngelo) ...
Director >> Larry Cohen
Writer >> Larry Cohen

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 5

Hell Down in Sequel
ハーレムで一時代を築き上げたトミー・ギブス(フレッド・ウィリアムソン)は、前に裏切られたヘレン(グロリア・ヘンドリー)にまた裏切られてNYの街中で撃たれ彷徨っていた。何とか父(ジュリアス・ハリス)に電話をし助けてもらって、一命を取り留めた。トミーは、父を自分の組織に入れて働かせた。父の眠っていたものが開花し、トミーに負けないくらいのハスラーとなった父だったが...

非常に残念である。前作の「Black Ceaser」のラストといい出来が良かった物を、すべてこの続編で壊してしまった。あの完璧とも言える前作のティファニー前で撃たれたシーンからこの映画は始まる。そしてなぜか生き返るという裏切り。肝心なアクションシーンが以前よりも劣っている。血のシーンはフェイクだとすぐに分かるし、パラソルのシーンは完璧にチープで心が萎えてしまう。でもフレッド・ウィリアムソンが走りまくるシーンは躍動感に溢れていて美しいとすら思える。アクションシーンでは馴染みのある空港での手荷物受け取り場でのシーンも面白い。
でも父親と息子のドラマとして立て直した感じがある。トミーが常にコンプレックスに感じていた父親の愛情不足。それにより非行に走り、今でもその愛情を求めていた。やっと手に入りそうな所でやっぱり手放してしまう。でも自分が父親となった時...単純ではあるけれどラストはそれを物語っていたと思う。でもその面白さを支えるエンタテイメント性が前作よりも欠けていたと思う。

やっぱりラストが良かった映画はその綺麗なままにしておいた方がいいに決まっている。観客を無視した映画製作のエゴが見えてしまった。

(3/21/01,5/16/01:TV放映にて鑑賞, 4/12/08:DVDにて鑑賞)