SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Double Take / ダブル・テイク (2001) 2本目

この映画を以前見た時、何でどういう風に見たのか全く覚えていない... この映画が公開された時にもアメリカには居たと思うのだけど... 映画館で見た記憶もないし、ビデオやDVDやテレビ等で見た記憶もない。でも「見たぞ」という記憶と映画の内容はしっかりと頭に入っている... 年取ったせい??

この頃エディ・グリフィンにはまっていたし、オーランド・ジョーンズも「7Up」のCMのイメージもまだ鮮明に残っていた時期(いやひょっとするとまだ普通にテレビで放送されていた頃かもしれない)なので、2人が映画で共演するのは嬉しかった。エディ・グリフィンはもっと売れてもいい!と思っていたのですが、最近は作品に恵まれず...仕方ないのかな。デンゼル・ワシントンと共に「ジョンQ」に出て、中々の演技を見せて、その後に主役であの愛すべき「アンダーカバー・ブラザー」に出た時には、「うぉー、エディ・グリフィンの時代がやっと来たぞー!」と興奮していたのですが、その後が続かず「Scary Movie」でも1だったら良かったのに、ウェイアンズと全然関係ない「3」に出た辺りから急につまらない映画ばかり出るようになってしまって... こうやって才能が無駄になっていると非常に悲しく思います...

でもこの映画ではエディ・グリフィンの才能を生かしたキャラクターになっています...いやいや、設定はあり得ないけど。エディ・グリフィンが政府の役人には見えないっしょ。アンダーカバー・ブラザーならありえるけど。でも踊りにカラテに...エディ・グリフィンのキレが冴えまくっています。オーランド・ジョーンズはあり得そうな設定。若い重役が似合っています。真面目なんだけど、エディの真似したりするところとか面白いですよね。多才。

でもさ、1回目見た時にはもっと面白く感じたんだけどなー。それだけはハッキリ覚えてるのに... しかし、ジョーの「Stutter」が何か懐かしかった。もう7年も前なんて... そりゃ、私も年取るわ。

感想はこちら

(3.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)