SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

マルコムXの孫が語る

マルコム・シャバズは、マルコムXを祖父に持つ23歳の青年だ。マルコムXの4番目の娘がマルコム・シャバズの母親であり、マルコムXのシャバズ家にとって初めての男性の相続人でもある。今年の1月までアッティカ刑務所に入っていた。罪は強盗の罪で仮保釈中に違法した罪。また一緒に住んでいた祖母であるベティ・シャバズは、マルコム・シャバズが起こした火事により亡くなった。彼はその時12歳だった。マルコム・シャバズの母親は精神面で問題を抱えていたと言われていて、マルコム・シャバズも同様に問題を抱えていたとも言われている。マルコムX亡き後のシャバズ家は、数奇な運命に弄ばれたと言われており、「呪われた家族」とまで言う者も居た。

その彼自身がインタビューで語っている。

僕はずっとマルコムXが僕の父だと信じていた。

マルコム・シャバズは父の顔を知らない。フランスのパリで生まれ、実際の父親には会った事もない。知っているのは、フランス語を話すグリーンの目をしてストレートヘアーを持つ白人のようなアルジェリア人という事だけ。そして母親はマルコム・シャバズには、父親の名前を取らず「シャバズ」姓を名乗らせた。

9歳か10歳の時に、マルコムXが自分の祖父だという事を知りました。そして刑務所の中でその祖父の影響力を知りました。そして皮肉的にも他の多くの黒人男性と同じく...その刑務所の中マルコムXという人物を知る事が出来たのです。

9歳の時に学校まで何食わぬ顔で叔母の車を勝手に運転し、見つかった時に初めて精神病院に入れられた。

僕はクレイジーじゃなかったんだ。

当時のマルコム・シャバズは、伯母のイルヤサの家で過ごすことが一番楽しかったと言う。でもその伯母も講演などで忙しく、面倒を見てくれた祖母のベティも同じく講演等で忙しくて、マルコム・シャバズはいつも違う所につれて行かれ、学校も落ち着かずに勉強するのも困難で、いつの間にか成績も下がっていったという。病院に居る間も彼らはお金を貰う為にどこか「悪い」所を探しているんだと感じていたと言う。

あの時は祖母を傷つけるつもりなんて無かった。ああいう事になるなんて全く思ってなかったんだ。祖母は火から逃れて、僕を見つけに来てくれるだろうと思っていた。まさか僕の為に火の中で探しているとは想像してなかった。いつも皆から『君が祖母の家を燃やした子だね』と聞かれる。けど、そうじゃなかったんだ。いつも同じストーリーを話してきた。いつも何か違う事を話すように強制していた。その方がいいと言われていたんだ。いつも僕は一生刑務所暮らしだと言われてきたんだ。そのストーリーを今変えるかどうかって??それは大きな出来事になるね。きっと凄い驚かせる事になる...

http://www.newsone.com/article/world-exclusive-finding-malcolm-xs-grandson__2__

上のリンクではマルコム・シャバズがマルコムXに扮して同じポーズをとっている写真が見れます。