SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Scandalous...

今日はミシシッピの開票。どうなる事やら...
ここにきて...というかいつもながら、ヒラリー側近のスキャンダル。ヒラリーの熱心な支持者だったニューヨークのエリオット・スピッツァー知事がマスコミに漏れる前に自ら売春組織の顧客である事を認めた。彼はヒラリーの側近というか腰巾着のような存在としても知られていた。辞任の発表はしていないが、しないとImpeachment(告発...クリントン時代に御なじみになった言葉ですね)を避けて通れないとも言われているので、辞任も時間の問題。そうなると、ヒラリーのスーパー代議士数が-1になる。
またヒラリーの資金集めの一人であるジェラルディン・フェラーロ(1984年大統領選の民主党の副大統領の候補者)が「If Obama was a white man, he would not be in this position. And if he was a woman (of any color) he would not be in this position. He happens to be very lucky to be who he is. And the country is caught up in the concept.(もしオバマが白人男性だったら、今のポジションに居ない。そしてもし彼が(どの人種の)女性だったとしても、このポジションにはいない。彼は(黒人男性で)とてもラッキーだった。そして国はその概念に夢中になっている。」と発言して問題となっている。

ここで思い出すのが、この前の討論の際のヒラリーのコメント。オバマユダヤ教と問題を抱えているルイス・ファラカーンからの支援表明を受けた時に、「私は政治生命に関わる決断だったけれど、以前にそういう差別的な発言をした人の支援を一切断りお金も返金した」と鼻息荒く答えていたのが思い出されます。フェラーロに資金返すのかな?それともフェラーロのこの差別発言を受け入れるのかな?どちらにしても、後味悪い。オバマの外交顧問が「ヒラリーはモンスター」と発言して自分から辞任した。けど、このフェラーロ問題にしてもスピッツァー問題にしても、全然関係ないです...という態度です。どうせ都合の悪い物は無視。そういう所だね。

またビラリー(最近はカップルの名前を合わせますよね、ジェニファー・ロペスベン・アフレックがベニファーだったように)のビル・クリントンが「ヒラリーが大統領でオバマが副大統領で夢のチケットは如何かね?」とキャンペーン先で発言した。オバマはそれに対して「代議士数でも総投票数でも獲得州でも私の方が上回っていて1番なのに、なんで私が2番目の副大統領なの?これは彼らの騙し方だ!」と一蹴。また「クリントン元大統領は、自分が大統領になる時に私の副大統領は就任1日目から用意されてないと困ると言っていた。私の事を2人ともに就任1日目から用意できない若造と言うけれど、ならなんで私をそんなに副大統領にしたいのだろうか?それは彼らが私が就任1日目から用意できている事を知っているからじゃないのか?」とやり返し。たくましくなりました。

昨日ジョン・レジェンドが「Colbert Report」に出演し、なぜオバマを支援しているのかコメントしていた。「何人かの人はオバマ愛国心を疑っているけれど、愛国心のない人がいい国になるようにと変化を求めると思うかい?」。中々のコメントでした。その後で司会者と歌ったのも面白かった。

またいつもどっちつかずのコリン・パウエル(いちよう共和党)ですが、色んな番組等に出演して「私は党派を超えて、すばらしいと思える候補者に投票するつもりだ」と何回も答えている。どうもそのコメントがオバマ支援にしか聞こえてこないのが興味深い所。オバマに会ってアドバイスした事も伝えている。

パウエルの場合は党派というよりも、自伝を読むと良く分かるのだけど軍人である事が一番の最優先。彼らしいコメントだなって思います。

まだまだあるけど、とりあえず。ミシシッピ、そろそろ結果出るのかな?どこで結果発表見ようかしら?最近CNNはボイコット中...