SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Brave One / ブレイブ ワン (2007)

Cast >> Jodie Foster (Erica Bain), Naveen Andrews (David), Terrence Howard (Detective Mercer), Mary Steenburgen (Carol), Jane Adams (Nicole) ...
Director >> Neil Jordan
Writer >> Bruce A. Taylor, Roderick Taylor
Producer >> Susan Downey

総合ポイント >> 3.75/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Cross the Line
ニューヨークシティでラジオDJをしているエリカ(ジョディ・フォスター)は、医者のデイビット(ナヴィーン・アンドリュース)との結婚を控えていた。デイビットと散歩中に暴漢に襲われたエリカは、気づいたら病院のベットの上で事件から3週間も経っていた。そこでデイビットが死んだ事を聞かされた。それから幾日か経ったある日、マーサー刑事(テレンス・ハワード)は、悪党が殺されていく連続殺人事件を担当する事になった...

確かに分かる。愛する者を失った絶望感。誰も助けにはならない。一番信頼したい筈の警官のそっけない態度。警官にとっては日常茶飯事。でも主人公のエリカにとっては人生を変えてしまった出来事。すれ違い。群集恐怖症を乗り越えた勇気。でもそこからエリカはどんどんと変化していく。人生1度の経験で十分な程の経験の後に、また信じられない位に事件が重なっていく。エリカは、麻痺したように夜の街を彷徨う。
でもやっぱり超えてはいけないラインがあって、それを超えてしまう。映画では、そのラインを引いている筈マーサー刑事が、唯一エリカと心を交わす役として登場する。でも、そのマーサー刑事ですら最後にラインを超える。情が秩序に勝ってしまったのだ。それまでのプロセスで十分に理解出来る事ではあるが、やっぱりそこは超えてはならないラインだったと思う。

死や暴力だけが復讐だとするとあまりにも短絡過ぎる。それを超えた何か...が無かったのが非常に残念。

(2/16/08:DVDにて鑑賞)